配管工のジョー

  • 2008/10/22(水) 12:34:32

 昨日は、第122回世日クラブ講演会に参加してまいりました。講師は、元日銀理事で、衆議院議員でもあった鈴木淑夫先生でした。

 経済の事はなかなか分かりにくい面がありますが、パワーポイントを使ってわかりやすく説明してくださいました。

やはり一番感じたのは、小泉政権の経済政策のまやかしで、世界日報でも随分批判しましたが実際の経済の動きとして小泉・竹中のやったことがどれだけ国民経済を疲弊させたかがよく分かりました。

 かつて住専の不良債権処理で痛い目にあっているので、銀行をはじめとした日本の金融機関のサブプライム関連での傷は割と浅く済んでいるそうですが、景気の大幅後退ないし停滞状況は当分変わることがないので、今度の選挙は政権党である自民党にはかなり厳しいものになるかと思います。

 生活主体という政策も一致することから、民主・公明の連立政権誕生近しといったところでしょうか?そうなったらいっそのこと名前も新・新進党にしたらいいかもしれませんね。


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/10/22付 世界日報7面 【ワールドスコープ】より
オバマ氏 波紋呼ぶ「富の分配」発言

 「配管工のジョー」がきっかけ

左寄りの政治姿勢浮き彫りに


 民主党の大統領候補バラク・オバマ上院議員が「配管工のジョー」と交わした会話が論争を巻き起こしている。配管工の白人男性がオバマ氏の税制案について増税の懸念を示したところ、同氏は低所得者への「富の分配」が必要だと社会主義的な色彩が濃い発言をしたためだ。これを受け、共和党候補のジョン・マケイン上院議員は、オバマ氏の経済政策を「背後にある前提は階級闘争だ」と批判するなど、「配管工のジョー」をめぐる論争は、オバマ氏の極めてリベラルな政治姿勢を浮き彫りにした格好だ。 (ワシントン・早川俊行)

 「配管工のジョー」とは、オハイオ州に住むジョー・ウーツェルバッカーさん(34)のこと。今月12日、激戦州の同州で遊説したオバマ氏に対し、配管業の会社買収を検討しているウーツェルバッカーさんは、年収25万?(約2,500万円)以上の人を対象にしたオバマ氏の増税案に不満をぶつけた。

 「私は1日に10〜12時間働き、会社を買おうとしている。アメリカン・ドリームを実現しても、より多くの税金が課せられることになる」

 これに対し、オバマ氏は次のように回答した。

 「私はあなたの成功を罰したいわけではない。私の考え方は、底辺の人々に好ましい経済なら、すべての人に好ましい、というものだ。あなたが富を分配すれば、それはすべての人にとって好ましいことだ」

 オバマ氏は民主党内でもリベラル色の強い議員であることはよく知られているが、「富の分配」という社会主義的な政治観を露骨に示す言葉を用いたことは衝撃を与えた。特に、保守派のオバマ氏に対する警戒感は一段と強まり、同派の論客ミシェル・マルキン氏は「富の分配」発言を、「恐ろしいマルクス主義者のマントラ(まじない文句)」と呼ぶほどだ…

続きを読む