共産党系情報源に踊る読売

  • 2008/10/21(火) 11:49:49

 最近テレビの米大統領選の報道を聞いていて変に思うことがあります。確か以前は、共和党候補のことを「マッケイン」と発音していたように思うのですが、最近はことさらに「マケイン」と発音しています。もちろん本来的にその発音が近いのかもしれませんが、私は意図的に「マケ」イン=負けもしくは負け犬を連想させるような報道がされている気がしてなりません。
 考えすぎかも知れませんが、皆さんはどう思われますか?


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/10/21付 世界日報16面 【メディアウォッチ】

共産党系情報源の家族軽視な連載で
       家族条項の改憲試案が泣く読売


提言と紙面との矛盾


 新聞週間の最中の16日、読売が医療改革案を提言した。同日付1面トップ、中面では6面を使っての大提言だ。医師不足などによる医療崩壊を防ぐ手だてとして「緊急対策5項目」と「構造改革5本の柱(21項目)」を示し、社説では「国民の不安を払拭する時だ」と訴えている。

 その意気は大いに買いたい。だが、提言は今後、紙面にどう生かされるのか、注視しておきたい。と言うのは、提言は立派なのだが、言いっ放しで終わりはしないか、いささか疑問符が付くからだ。

 その典型例が2004年5月3日付に発表した「家族は『社会の基礎』/条項も新設」とする「憲法改正2004年試案」だ。家族崩壊による少年凶悪事件などを防ぐために憲法に家族保護条項を加えようというもので、時宜にかなった提言として評価された。だが、せっかくの家族重視策なのに、肝心の紙面にはさっぱり反映されていない。

 例えば、今年3月に家庭(くらし)面に「どうなる選択的夫婦別姓」と題する連載(同21日、22日付)があったが、社民党の福島瑞穂代表やフェミニストとして名高い大学教授らジェンダーフリーを唱える家族解体主義者ばかりを登場させ、選択的夫婦別姓を後押ししている…

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む