ソマリヤでの海賊被害

  • 2008/10/18(土) 18:02:44

 本日、豊島区の小中学校PTA連合会主催の音楽のつどいがありまして、人が足りないということで私も急遽舞台に立つことになりました。といっても当日限りの練習ではまともに歌えるわけもなく、ほとんど口パク・ヨンハでした。(親じギャグか!)

 それぞれ忙しいながらも練習をしてきたところはやっぱり上手でした。“仕事あるのにやってらんないよ”と思いながら参加してましたが、そういうのを見せられると俄然対抗意識が湧いてくるから不思議です。

 この思いが所属意識すなわち愛校心であり、それが大きくなって愛郷心また愛国心というものにつながっていく源泉と言えるかもしれません。


 それでは、本日の記事紹介です。

2008/10/18付 世界日報7面 【ワールドスコープ】より
ソマリア沖で海賊被害急増
イスラム過激派武装集団が襲撃繰り返す

ソマリアが新たなテロの温床に


 ソマリア沖アデン湾周辺海域で海賊被害が急増している。無政府状態にあるソマリアに拠点を築き、同国の支配をもくろむ国際テロ組織アルカイダとの連携を疑われるイスラム過激派武装集団が海賊の正体で、略奪した身代金や物資は同勢力の資金・物資として運用されているとされる。イスラム過激派がソマリアへ勢力を拡大すれば、アフガニスタンに続く新たなテロの温床となる可能性もある。 (カイロ・鈴木眞吉)

 ソマリア沖での、日本の大型タンカー「高山」への4月21日の攻撃を含む、各国貨物船などへの度重なる海賊行為に対し、米英仏を中心に国連安保理決議案が提出されたのは今年4月下旬。不審船の臨検や拿捕などの権限を関係各国に与える内容で、6月に採択された。

 しかし、その後の8月21日にも、日本企業が運航するパナマ船籍のタンカーが海賊に乗っ取られた。日本船主協会によると、今年1月から9月までで、日本関係船舶7隻を含む79隻が海賊被害に遭った。9月だけで26隻。海賊の手に渡った身代金総額は最大1億?と推定されている。

 殊に世界各国を驚かせたのは、9月25日、33両のロシア製戦車や兵器などを積載したウクライナの貨物船が、重装備の海賊に襲撃され、ウクライナ人やロシア人船員ら21人が人質になった事件だ。身代金として3,500万?(約36億円)を要求。これらの武器が「地域の不安定化のために使用される」(メレス・エチオピア首相)ことが最も憂慮されている。米駆逐艦が監視を強めたのみならず、ロシア海軍も現場に艦隊を派遣した。

 9月22日には、医療奉仕中の邦人女性医師とオランダ人男性が、エチオピア東部で誘拐され、ソマリアの首都モガディシオに拉致されていることが判明した。当初、単なる身代金目的の盗賊による誘拐とみられたが、ソマリアの武装組織による政治目的の誘拐と判明した…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む