毒殺国家「中国」

  • 2008/10/02(木) 10:06:55

 またしてもはた迷惑な事件が今度は大阪で起きました。「生きるのが嫌になった」というただそれだけの理由で、宿泊していた個室ビデオ店で放火し、15人の人たちを殺害しました。

これはまさしく自爆テロならぬ“自暴自棄テロ”です。しかも秋葉原その他の事件と同じく自分が一緒に死ぬわけではない。というより自分では死ねない。何とも言いようのない怒りが湧いてきます。


 それでは、本日の記事紹介です。メイド・イン・チャイナが単なる粗悪品の代名詞だった頃がかわいく思えるほど、今の中国は悪魔の毒々国家となっています。はた迷惑加減は上記の犯人と50歩100歩。はやく自壊してもらいたと思うのは私だけではないでしょう。

2008/10/2付 世界日報7面 【ワールドスコープ】より
中国−メラミン汚染拡大 
            地方幹部罷免相次ぐ

 仲介業者が牛乳水増しに利用
           /当局、五輪納入品は安全と強調


 北京五輪を成功裏に乗り切った中国はパラリンピック期間中、有害物質メラミンによるミルク汚染事件が発覚し、食の安全管理が改めて問題化。5万人超の乳幼児が入院・治療を受けるなど死者まで出す深刻な事態は国内外で波紋を広げている。胡錦濤・国家主席は、政府高官や地方幹部を次々と解任することで党中央の権威を死守しようとしている。
                                   (香港・深川耕治)


 乳児の腎臓結石の原因となった有害物質メラミンが粉ミルクから最初に検出が判明したのは、国内大手の乳製品メーカー「三鹿集団」(河北省石家荘市)のもの。北京パラリンピック開催中の11日夜、中国衛生省が緊急発表した。

 三鹿集団の本部がある石家荘市は製品の冷凍ギョーザが日中両国で食中毒事件を起こした「天洋食品」もある都市。地元酪農家から牛乳を買い集めて乳製品メーカーに売る悪徳仲買業者が、牛乳を水で薄めて量を増やすだけでは当局の検査に合格しないため、2005年4月以降、牛乳に有害物質メラミンを大量に混ぜて見せ掛けのタンパク質含有量を高める不正工作をして検査に合格し、牛乳を薄めた分、莫大な利益を上げていた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む