南からのビラにビビる北朝鮮

  • 2008/10/31(金) 13:46:54

 本日、大阪高裁にて沖縄戦集団自決名誉毀損裁判の控訴審判決が言い渡されます。

前回の地裁判決では、変てこな判決理由に煮え湯を飲まされましたが、今度こそはまともな判決を出してもらいたいものです。

ただ例えどちらが勝訴してもお互い控訴するのは確実で、最終的には最高裁で決着がつく形になると思います。

梅澤元隊長がご存命の間にぜひとも結審してもらいたいです。
 (写真は、今年3/28大阪地裁に向かう梅澤元隊長(中)と赤松秀一さん(左))


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/10/31付 世界日報7面 【ワールドスコープ】より
北朝鮮〜韓国NGOのビラに過敏反応

 米の財政支援を警戒か
  金総書記の健康悪化にも言及

「直接批判に衝撃」脱北者が証言


 韓国民間団体が北朝鮮の体制批判を記したビラを大型風船にくくり付けて飛ばしている問題で、このところ北朝鮮側の抗議が頻繁になっている。外部世界から徹底的に遮断されてきた北朝鮮住民の間に動揺が広がることを恐れてのこととみられるが、最近は最高指導者・金正日総書記の健康悪化に言及したり、ブッシュ米大統領がビラ撒きを支援する発言をしたことで、さらに神経をとがらせているようだ。  (ソウル・上田勇実)

 「金日成、金正日はあなたたちを精神的、肉体的な障害者、飢餓者、コッチェビ(孤児となった浮浪児)、現代版奴隷にしています。このすべての惨状が、金正日たった1人のためにもたらされているのです」

 これは韓国の非政府組織(NGO)「自由北韓運動連合」が北朝鮮に向けて飛ばしたビラの内容の一部だ。金総書記を「独裁者」と非難し、民主化に向けて立ち上がるよう呼び掛けているが、今年4月からは愛人関係も含めた金総書記の家系図を盛り込んだり、今月に入ってからは、別の団体の提案で民間人拉致被害者の名簿も載せるなど、その内容は北朝鮮当局をかなり刺激しそうなものになっている…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

児童ポルノ容認の危険性

  • 2008/10/30(木) 15:41:52

 昨日のニュースですが、弊紙も記事特約を結んでいる米国のクオリティペーパー「クリスチャン・サイエンス・モニター」紙がついに廃刊になるそうです。購読者減少のため来年4月に廃刊し、週刊紙に移行した上で、インターネット版での配信のみにするとのこと。

 ピーク時20万部以上あった部数も、現在は5万部にまで落ち込み、経費の約半分を経営母体の「第一科学者キリスト教会」の補助に頼る状態が続いているそうです。

 他人事とは思えない内容に、さすがに心臓がドキッとしました。
 ネットへの移行は、やはり時代の趨勢なんでしょうか?


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/10/30付 世界日報16面 【メディアウォッチ―テレビ】
児童ポルノ単純所持容認に
     警鐘鳴らすNHKBSドキュメンタリー


教訓深いカナダ番組


 わが国の児童ポルノ対策は、欧米に比べるとあまりにも甘い。一九九九年に成立した「児童買春・ポルノ処罰法」は、個人的に“趣味”で児童ポルノを集める「単純所持」を禁じていない。主要8ヵ国(G8)の中では、児童ポルノの所持を認めているのは、日本とロシアだけだ。

 わが国はかつて、児童ポルノの世界への発信国として、海外から激しい非難を受けたが、同法の成立によって発信こそ減った。しかし、所持はいまだに許されているのだから、需要は減らない。そんなわが国は今、不名誉にも海外から児童ポルノの「需要大国」と呼ばれているのである。先進国としては恥ずかしい限りだ。

 海外の優れたドキュメンタリー番組を紹介するNHKの「BS世界のドキュメンタリー」は、カナダで2007年に制作された「子どもが狙われる 〜ネット犯罪 欧米からの報告〜」(23日午前0時10分から1時まで)を放送した。今回、この番組を紹介するのは、児童ポルノに甘い日本に対する優れた警鐘となっていたからだ。

 日本に多い所持容認派の間には、児童ポルノを見ることは欲求のはけ口になるから、性的虐待の犠牲になる子供を減らす効果がある、と言う人間がいる。しかし、この番組は児童ポルノの所持を認めることは逆に小児性愛者(ペドファイル)によって性的に虐待される子供を増やすことにつながることを明確に示していた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

どこがいいのか同性愛??

  • 2008/10/28(火) 09:32:22

 昨日の雷雨は唐突でしたね。集金に出ようと思った矢先のことで危うく濡れ鼠は避けられました。よくわからない天候が続きます。
今日は、本紙記事を2本掲載します。こんな記事を読めば、人間様のほうがもっと分からないといえるかもしれませんね。



2008/10/28 世界日報5面 国際面から 
賛否両派が空前の資金投入
 米カリフォルニア州
 同性婚禁止の州民提案に
 【ロサンゼルス25日宮城武文】
 カリフォルニア州最高裁が去る6月に同性愛者による「結婚」を合法とする裁定を下したことで、反対派は同性婚を禁止する州民提案8号を11月4日の大統領選に付しているが、賛否両派は6,000万?という空前の費用を投じて選挙活動を行っている。
 マサチューセッツ州など同性愛者による結婚を合法とする州は幾つかあるが、いずれも同州の居住者かその近隣州の居住者に限られている。

 カリフォルニア州最高裁の裁定は、州以外の居住者にも同性婚を認めたことで、州外からも同性愛カップルが「結婚証明書」の取得を求めてカリフォルニア州に殺到。今回の提案8号をめぐっては州外からも大量の寄付金が賛否両派の組織に送られ、激しいテレビ宣伝合戦や組織動員活動が行われている。

 同性婚禁止を求める州民提案に関しては、2004年から06年にかけて22もの提案が出されており、その活動費用を総計すると3,140万?に上るという超党派組織のデータが発表されている。今回の提案8号に投じられた3,000万?という費用は、全米で最も高額な選挙キャンペーンとなっている。

 24日までの集計によると、提案賛成派は2,750万?の寄付金を集め、そのうち19%は州外からのもの。反対派は3,120万?を集め、そのうち34%が州外からの寄付金となっている。

 賛成派の主要組織としてはモルモン教会が活発に草の根活動を展開し、全体の資金の40%を集めている。反対派は、米市民自由連合(ACLU)、教師組合などを含む公共労組、同性愛団体などが中心となっている。

 カリフォルニア州の34万人の公立学校教師を擁する教師組合は130万?を寄付しており、反対派の中で最大の寄付者。クラスの中でも同性婚を容認するような授業を行っていることで、親からの苦情も増えている。

The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan

1面 【特報】 
堺市図書館に大量の同性愛小説

5500冊、過激なイラストも
図書館「市民の要望に応えた」
市議「ポルノと同類、処分を」


 「BL(ボーイズラブ)本」というものをご存じだろうか。高校生風の若者が表紙を飾るが、コミックではない。男性同性愛を扱った少女向け小説だ。この夏、堺市の市民が、性描写があり過激なイラストもある「BL本」を公立図書館が大量に購入して、開架するのは青少年育成からも不適切と抗議、改善と実態の公表を迫った。図書館側は5,499冊を所蔵、購入額は366万8,883円と回答した。BL本大量購入の背景を取材した。(編集委員・鴨野 守)

 堺市中央図書館の担当者によれば、現在、中央図書館に約2,000冊、北・南・西・中図書館にそれぞれ400冊から800冊程度ある。…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

「結果は教育委員会の成績表」〜大阪府

  • 2008/10/27(月) 11:36:50

 昨日は、地域諸団体が集まって開催される「わくわく冒険まつり」という催しに参加いたしました。
私はというと、PTAの恒例の出し物で、焼きそば屋台のオヤジをやってました。(写真参照。ちなみに写ってるのは他のお父さんです)

 毎年恒例の行事とはいえ、ここまで至るには関係者の大きな努力があったことを聞いております。

何事も熱意とたゆまぬ努力がこのようなすばらしい物事を生み出していくことを改めて感じさせられました。


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/10/27付 世界日報11面 【教育】欄より
客観的データ基に学力向上を

 大阪府がテスト結果開示

「結果は教委の成績表」


 大阪府の橋下徹知事が学力テスト結果の市町村別公表を強く迫ったのを受けて、府内43市町村のうち35市町村が分野別平均正答率を開示した。これに対して、塩谷立文部科学相は「好ましいことではない」と不快感を示した。しかし学力テストは、ゆとり教育路線による学力低下への懸念を背景に昨年から復活したもの。そうである以上、「確かな学力」を児童生徒に与えるためには、客観的データを議論の中軸に置いて、保護者と学校、教育委員会が連携することこそベストではないのだろうか。(鴨野 守)

 2年目となる学力テスト。公立校の都道府県別正答率を見ると、前回トップの秋田、福井は今回も不動。一方、下位には沖縄、北海道、大阪と、これまた昨年と同じ顔触れで、上位・下位県がほぼ固定化している。

 家庭と学習の関係では、▽家庭学習が一定時間以上の児童の方が、全体的に平均正解率が高い▽家で学校のことを話している児童の方が、家庭学習時間は長い傾向にある▽家族と一緒に朝食を食べている児童の方が平均正答率が高い傾向にある――という結論も変わらない。

 しかし、家庭学習は子供の努力もさることながら、親の努力が決定的な要素を持つ。つまり、安定した家庭の子供ほど確かな学力を身に付けるということであり、経済的な格差をことさら問題視するのは的外れだ。

 子供の学力は、?子供本人の努力×?親の努力×?教師・教育委員会の努力の総体と言えよう。子供の学習意欲や、親のわが子の学力への関心は、それぞれの自覚によるところが大きい。それでも、学校や教育委員会が積極的に、子供や保護者に働き掛ければ十分、感化できる。

 「学力テストの結果は、教育委員会の成績表ですよ」…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

記者クラブ制度の弊害

  • 2008/10/24(金) 12:55:38

 先月の事になりますが、こんな記事がありました。

 「スター・トレック」のG・タケイ、男性パートナーと挙式


 【ロサンゼルス15日AFP=時事】米テレビドラマ「スター・トレック」シリーズに出演した日系人俳優ジョージ・タケイさん(71)が14日、長年のパートナーであるブラッド・アルトマンさん(54)とロサンゼルスのリトルトーキョーにある全米日系人博物館で結婚式を挙げた。(ケーキカットに臨むタケイさん=右=とアルトマンさん)
 2人は21年間にわたって交際を続けていた。式では200人の招待客が見守る中、仏教の僧侶の前で契りを交わしたという。
 カリフォルニア州当局は6月、同性婚を解禁。それ以来、多数の同性愛カップルが同州で結婚式を挙げた。同性婚を解禁したのは、マサチューセッツ州に続いて2州目。


 確か「ミスター加藤」という名でエンタープライズ号のクルーをやってた人ですよねこの人。好きだったんだけどなあ。もうオェ〜って感じです。
しかしアメリカという国はキリスト教がありながらなんで同姓婚が盛んなんですかね?法律まで制定して。キリスト狂なんですかね?

 どうでもいいですが、やっぱり名前はG・タゲイに変えるのでしょうか?


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/10/24付 世界日報16面 【メディアウォッチ】
ジャーナリズムの対極にある
   記者クラブ制度の弊害を訴えたサピオ


ネットで浮き彫りに

 福田康夫首相が退任に当たって行った記者会見で、「私はあなたと違うんです」の捨てぜりふを吐くきっかけを作った質問は、普段は官邸記者クラブに詰めていなかった、いわば“サークル外”の記者からだった。

 前後の脈絡も分からず、「そんなの常識だ」と記者仲間で思われていることも斟酌せず、しがらみのない分、遠慮会釈のない質問ができた。その結果「木で鼻をくくった」と言われてきた福田首相を色めき立たせ、本音のコメントを引き出せたわけだ。

 日本の記者クラブ制度は、世界のジャーナリズムの中で最も後進的閉鎖的な仕組みである。情報を独占し、操作し、自由なアクセスを排除する機能はジャーナリズムの対極にあり、相反する概念ですらある。大手新聞やテレビ局はこの制度に安住して、結果として役所や政党の“都合のいい広報の手先”となってしまう危険性を常に抱えている。

 こういっては何だが、途上国での政府や権力者への取材でさえ、日本の記者クラブのような理不尽なシステムにお目に掛かったことはない。申請すれば、基本的に受け入れられ、質問もできる。日本のように、あらかじめクラブの幹事社が質問する社と順番を決めて、さらには質問項目を事前に出しておく“馴れ合い”はない…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む