モンスターペアレント

  • 2008/05/26(月) 10:49:49

 皆さん、「社会を明るくする運動」というのをご存知ですか?法務省が主唱する運動で、犯罪を犯して収監された人の社会復帰を応援しましょうという啓蒙活動です。
私も青少年育成委員をやるようになって初めて知りました。ということはつまり、都内各地域で毎年やっているにもかかわらず、今まで全く目に入ってなかったということになります。昨年から、地域の主催者側になりましたのでできる範囲でさらなる啓蒙活動をしていこうと思っております。(7月が強調月間です)


それでは、本日の記事紹介です。
2008/05/26付 世界日報11面 【教育欄】より
保育園にも“モンスターペアレント”

富山市が「保育所クレーム対応事例集」


 富山市はこのほど、保育所に寄せられた親からの苦情やクレームを冊子にまとめた。保育士は、就学前の幼児の心身の健全な発育のために必要な学習と訓練を受けてきたが、この冊子を見ると、園児よりも親の対応に苦慮する保育士の姿が浮き彫りになっている。粘り強く保護者の声に耳を傾けつつ、度を越したクレームには毅然とした姿勢も大切だ。(鴨野 守)

 「保育所クレーム対応事例集」は、富山市内の保育士約千二百人が加盟する富山市保育連盟に委託して、実際に寄せられた苦情六十件の中から十八の事例を抜粋。苦情の中身、解決に向けて保育所がどう対応したか、その手順などを簡潔にまとめている。

 幾つかを紹介しよう。ある保護者は「一歳の誕生日を迎えた娘が夜なかなか寝ないのは保育所での午睡時間が長すぎるからではないか」と言ってきた。担任が状況を説明するも理解を得られないので、保育所では女児が一時間だけ寝たら起こすことに。

 これに対して母親は、「午睡時間を短くしても子供は夜遅くまで起きている」と、午睡をなくしてくれと要望。保育所は母親の希望を受け入れた。すると、女児は疲れがたまり、不機嫌になったり熱を出すようになった。両親は「やはり一時間の午睡をさせてほしい」と折れてきた。保護者の意見を受け入れることで、信頼関係を築き、子供の変調を目の当たりにして、両親も保育所に委ねる形で落着したケースだ…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む