モンスターペアレント

  • 2008/05/26(月) 10:49:49

 皆さん、「社会を明るくする運動」というのをご存知ですか?法務省が主唱する運動で、犯罪を犯して収監された人の社会復帰を応援しましょうという啓蒙活動です。
私も青少年育成委員をやるようになって初めて知りました。ということはつまり、都内各地域で毎年やっているにもかかわらず、今まで全く目に入ってなかったということになります。昨年から、地域の主催者側になりましたのでできる範囲でさらなる啓蒙活動をしていこうと思っております。(7月が強調月間です)


それでは、本日の記事紹介です。
2008/05/26付 世界日報11面 【教育欄】より
保育園にも“モンスターペアレント”

富山市が「保育所クレーム対応事例集」


 富山市はこのほど、保育所に寄せられた親からの苦情やクレームを冊子にまとめた。保育士は、就学前の幼児の心身の健全な発育のために必要な学習と訓練を受けてきたが、この冊子を見ると、園児よりも親の対応に苦慮する保育士の姿が浮き彫りになっている。粘り強く保護者の声に耳を傾けつつ、度を越したクレームには毅然とした姿勢も大切だ。(鴨野 守)

 「保育所クレーム対応事例集」は、富山市内の保育士約千二百人が加盟する富山市保育連盟に委託して、実際に寄せられた苦情六十件の中から十八の事例を抜粋。苦情の中身、解決に向けて保育所がどう対応したか、その手順などを簡潔にまとめている。

 幾つかを紹介しよう。ある保護者は「一歳の誕生日を迎えた娘が夜なかなか寝ないのは保育所での午睡時間が長すぎるからではないか」と言ってきた。担任が状況を説明するも理解を得られないので、保育所では女児が一時間だけ寝たら起こすことに。

 これに対して母親は、「午睡時間を短くしても子供は夜遅くまで起きている」と、午睡をなくしてくれと要望。保育所は母親の希望を受け入れた。すると、女児は疲れがたまり、不機嫌になったり熱を出すようになった。両親は「やはり一時間の午睡をさせてほしい」と折れてきた。保護者の意見を受け入れることで、信頼関係を築き、子供の変調を目の当たりにして、両親も保育所に委ねる形で落着したケースだ…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

社会揺るがす間違った性教育

  • 2008/05/24(土) 17:34:00

 本日、小学校で自転車の安全教室がありPTAとして参加してきました。
お巡りさんの指導のもと、照りつける日差しの中、皆真剣に正しい自転車の乗り方を学んでいました。最近は、思いやりを感じないマナーの悪い運転が目立ちますので、子供たちには運転技術と共にそういう心の安全運転も学んでもらいたいなと思いました。
  



それでは、本日の記事紹介です。
2008/05/24 世界日報13面 【持論時論】 
性道徳に古いも新しいも無い


気ままなセックス助長/家庭崩れ幼児虐待招く

                 医学博士 林 愼吾氏に聞く

 後を絶たない幼児虐待や少年の性犯罪のニュース。少子化も進む一方である。社会を揺さぶるこうした問題を引き起こす共通の原因として小・中学校で行われている性教育が挙げられるとし、『これでいいのか! 性教育』を著した医学博士、林愼吾氏(林クリニック院長)に問題点を聞いた。 (聞き手・山本 彰)

 ――『これでいいのか! 性教育』を書かれた動機は何ですか。

 二十年近く前に、小学校の四年の保健教科書を見て、性器の構造や体つきの変化などが詳しく書いてあることに驚き、また、中学で性教育を担当するある女性教師に聞いたところ、「子供たちはそうした変化をあっけらかんと話していますよ」などと説明するのを聞いて、性の問題を人前でしゃべらせるような教育をしていては大変なことになると危機感を抱きました。また、これを契機に、性に関し著名な思想家の文献を、ずっと調べて来ました。

 それから、この教科書を見て以来、少年犯罪が起きると、性の観点から見るようにしてきたので、自然とこの本の論旨がまとまりました。今も舞鶴市で、女子高校生が殺された事件がマスコミで取り上げられていますが、これも、間違った性教育と関係があると思われます。

 文献を読んでみると、ウィルヘルム・ライヒのようにセクシュアル・レボリューション(性革命)を提唱するような人物もいましたが、最終的には、性交渉を自由にすると、性的な神経症患者はいなくなるけれど、従来の社会構造が根本から大混乱に陥るので、それを目指すことはできないとしています。

 古い道徳観と言われるかもしれませんが、性には古いも新しいも無いのです。人間はいわゆる有性生殖をする生き物です。これは、昔も今も全然変わっていません。その性の考え方が古めかしいというのは間違いです。生き物である限り、子孫を残して死ぬということは非常に大事なことなのに、それをしっかり考えさせないで、(性の快楽を教えるような)性教育をするのは大変な間違いです。

 その上、エイズが人命をも奪う病気だから、それを防止するためのコンドーム教育だということになりました。しかし、そんなバカな教育はないだろうと思います。エイズを予防するには軽々しく誰とでもセックスをしなければよいわけです。

      ----------------------(略)----------------------
 
   全文をお読みになりたい方はこちらからどうぞ>>>世界日報試読受付センター

 はやし・しんご 医学博士。林クリニック院長。昭和18(1943)年生まれ。同43年、東京医科大学卒業。東京医大病院内科に勤務した後、同54年、林クリニック開院。平成元年より数年間、渋谷区立山谷小学校校医。同10年より数年間、渋谷区医師会理事を務める。

The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

世日クラブ講演会のお知らせ

  • 2008/05/23(金) 11:52:58

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)から、講演会のお知らせです。
世日クラブ講演会
 
激動の中国・チベット情勢を分析する


桐蔭横浜大学教授 ペマ・ギャルポ氏

 
 世日クラブでは6月20日(金)、チベット出身の論客として活躍中の桐蔭横浜大学教授のペマ・ギャルポ氏を講師としてお招きし、「激動の中国・チベット情勢を分析する」と題する講演会を開催します。

 中国は8月の北京五輪開催を控え、多くの難題に直面しています。チベット民主化デモに対する武力鎮圧で国際的非難を受け、聖火リレーをめぐる混乱にもそれが表れました。さらに四川大地震の災禍と続く激動の中国情勢についてペマ氏に最新の情報を語っていただきます。

【演題】「激動の中国・チベット情勢を分析する」

【講師】桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ氏

【日時】平成20年6月20日(金)

    18:00受け付け開始 18:30開演

【会場】渋谷東武ホテル地下2階 鳳凰の間 渋谷区宇田川町3の1 
    電話03(3476)0111

【交通案内】 JR・地下鉄銀座線・半蔵門線・副都心線・渋谷駅(ハチ口)下車徒歩7分

【参加費】2,000円(会員1,000円)

【主催】世日クラブ

【後援】世界日報社

【連絡先】世日クラブ事務局

       ネットからの連絡・お問合せはこちら>>>世日クラブ事務局

〒174−0041 東京都板橋区舟渡2の6の25
    
世界日報・東京本社 担当・柏木

電話03(3558)3417 FAX03(3558)3541

      〜皆様のご来場をお待ちしております。〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

教育正常化裁判勝訴!

  • 2008/05/23(金) 10:06:47

 つい先日の5月21日(水)に、都議会会議室で行われた教育正常化裁判(東京都足立16中人権侵害事件)控訴審勝利の報告会に参加してきました。この控訴審は、足立16中で増田都子教諭がおこした人権侵害を告発した三都議およびその著書を出版した展転社に対して、「逆ギレ訴訟」を起こした当該教諭への反撃裁判で、1審の敗訴部分も完全に取り消した完璧な勝利判決でした。

 今年3月の沖縄集団自決冤罪訴訟裁判敗訴で、イヤなムードが流れていたなかでの勝訴だけに、保守陣営にとって大きな意義がある勝利です。

 小林代表がいみじくも「増田都子的なるものとの戦い」との表現をされてましたが、他のどんな価値観も意見も認めないある意味「宗教的確信」に基づく輩との裁判闘争がこれからも続いてまいります。

 保守陣営のさらなる団結が望まれます。

                                     壇上風景

     






                         右側のボードにはナントZ旗が!

 ←司会の増木さん

                    開会の辞を述べられる教育正常化裁判支援の会
代表 小林正氏→



報告を行う関係者
上段左より
 勝俣弁護士
 徳永弁護士




 古賀都議会議員
 土屋都議会議員






展転社の藤本社長 のまりんこと
野牧先生





〜懇親会の風景〜

あとから駆けつけた主権を回復する会代表 西村修平氏による乾杯の音頭(右)





 日本世論の会の三輪代表の姿も(左)

増木氏になにやら耳打ちする正論の大内販売部長

  [史実を世界に発信する会]

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ロシア〜マスコミ受難

  • 2008/05/21(水) 11:22:09

 愛国主義・民族主義の高まりが世界的な広がりを見せておりますが、最近のロシアも経済の安定成長とともに共産主義へのノスタルジックな回帰が顕著です。それに伴い、束の間の自由を謳歌したロシアのマスコミも受難の時代に入っているようであります。
それでは、本日の記事紹介です。



2008/05/21付 世界日報16面 【メディアウォッチ―海外編】 
ロシア
  「プーチン大統領再婚」の報道後、
    マスコミ閉鎖規定広げる法改正の動き

「中傷やウソ」を追加

 ロシアのプーチン大統領(当時・55)はリュドミラ夫人(50)と今年二月に離婚しており、アテネオリンピック新体操金メダリストで与党「統一ロシア」所属の下院議員アリーナ・カバエワさん(24)と六月にも再婚する――。四月十一日、スキャンダルを報じたモスクワの大衆紙「モスコフスキー・コレスポンデント」はその一週間後、プーチン氏が報道を全面否定した日に休刊となり、その後、廃刊となった。

 この一連の騒ぎは同紙の廃刊にとどまらず、ロシアの全マスコミに大きな影響を及ぼしかねない事態を引き起こすことになった。「中傷的な記事を掲載、もしくは報道したマスコミの閉鎖」を新たに規定する、マスコミ法改正の動きである。

 現行法では、急進主義を煽(あお)ったり、テロを肯定する報道を行ったりしたマスコミが、裁判所の決定により閉鎖措置となる条項を規定している。改正案は「閉鎖の理由となる事項」に、上記の「中傷やウソ」などを追加するものだ。               (モスクワ・大川佳宏)

The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan

  全文をお読みになりたい方はこちらからどうぞ>>>世界日報試読受付センター
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る