光市母子殺害事件

  • 2008/04/24(木) 11:10:44

 判決が注目されておりました光市母子殺害事件の控訴審ですが、ようやく真っ当な判決が出てよかったなと思います。

 この事件においての弁護団は、名うての死刑廃止論者たち。被害者および加害者の心情や将来などよりも自分たちの政治思想を優先するおかしな人たちでしたので行く末が気になっておりました。

しかし、プロがこんな状態では、これからはじまる「アマ」による裁判員制度のもとでは一体どうなってしまうんでしょうか?


ということで本日の記事紹介です。

2008/04/24付 世界日報3面 【社説】より
光市事件死刑/
      弁護団の「法廷闘争」も指弾

 山口県光市で起きた母子殺害事件の差し戻し控訴審で広島高裁は、当時18歳の元少年に対して死刑を言い渡した。裁判長は元少年がこれまで認めていた殺意や強姦目的などを一転否定したことを「死刑を逃れるための虚偽の弁解」とし、「反省心を欠いており、極刑はやむを得ない」とした。

母子殺害で判決は妥当


 少年法は18歳以上の死刑を容認しており、犯行が「冷酷、残虐にして非人間的な所業」(判決)で、しかも反省もせず「虚偽の弁解」を行っているとすれば、死刑判決は妥当と言うほかあるまい。

 この裁判は、最高裁が一、二審の事実認定を揺るぎなく認められるとし「特に酌量すべき事情がない限り、死刑の選択をするほかない」として、一、二審の無期懲役判決を破棄、審理を差し戻していたものだ。

 だが、21人に上る大弁護団は「事実こそ最大の情状」として「ドラえもんが何とかしてくれる」「(死姦は)生き返りの儀式」といった元少年の新供述を持ち出し、殺意や強姦目的を否認した。判決はこれら主張をことごとく退け、「虚偽の弁解を弄したことは改善更生の可能性を大きく減殺した」として「死刑を回避する事情を見いだす術もなくなった」と断じた。その意味で、被告人だけでなく弁護団の「法廷闘争」も指弾されたと言ってよい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む