耐えることを忘れた日本人

  • 2008/04/22(火) 10:06:03

 配達途中の公園で鯉のぼりを見つけました。
 田舎ではよくこういう連なる形を見かけますが、都心のしかも高田馬場あたりでこのような光景に出くわしますと、何か新鮮な感動を憶えます。
 昔はうちでも柱を立てて鯉のぼりをあげた記憶がありますが、昨今は、少子化や住宅事情の問題あるいは習慣の希薄化等で、でっかい鯉のぼりをあげるお宅をあまり見かけなくなりましたね。この時季の風物詩として廃れないでほしいなと思います。


それでは、本日の記事紹介です。
  2008/04/22付 世界日報16面 オピニオン【ビューポイント】より
耐えることを忘れた日本人

−縦と横の絆と克己心を/すぐキレる世相の恐ろしさ−
       (社)日本国際青年文化協会会長 中條 高徳


理不尽な殺人、減らない自殺 
この欄で、戦後の日本人が喪ったものとして「叱ることが出来なくなり、ほめることが下手になり、そして夢みなくなった」ことどもを論じてきた。それらに加えて、「耐えることの出来なくなった日本人」が気にかかる。

 親も子も、男も女もすぐキレる。そして相手をすぐ殺す。なんとも恐ろしい世相だ。

 平成九年「酒鬼薔薇聖斗事件」が起き、天下の親や子供たちを震えさせる事件であった。その犯人の父親は一流企業に勤めている穏やかな人物であり、母親は極めて教育熱心な人であったと言う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む