政界今昔話

  • 2008/04/11(金) 12:14:14

本日の記事紹介です。
毎週金曜日掲載のこのコラム。隠れた人気です。

2008/04/11付 世界日報2面 コラム【政界今昔話】から 
マスコミ政治家

緒方、安倍ら首相狙う逸材も
今は大物不在が嘆きのタネ


 一昨日国会で福田首相と小沢民主党代表が睨(にら)みあい、丁々発止と渡り合った。恒例の党首討論だ。双方とも相手の顔を見ているようで実は見ていない。そのうしろにいる浮塵子(うんか)の如き国民の大集団を意識していたのだ。

 両人の主張は平行線だ。応援団はわが党の党首の発言には拍手し、相手の言い分には野次とブーイングで応酬する。いずれが正しいか誰も分からない。軍配を持って斜に構えているのは国民だ。

 しょせん政治は世論にはかなわない。世論の先頭に立っているのが新聞をはじめとするマスコミだ。だから傍若無人の政治家もマスコミには頭が上がらない。

 そのマスコミ人が政界に入って、政治の実務に当たったらまさに鬼に金棒だ。(九歩)
        -------------(略)-------------

The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan

  全文をお読みになりたい方はこちらからどうぞ>>>世界日報試読受付センター

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る