沖縄問題に望む本質的議論

  • 2010/08/17(火) 21:53:41

 第92回夏の全国高校野球も11日目を迎え、沖縄の興南高校が仙台育英を下して、準々決勝にコマを進め、これでベスト8が出揃いました。
ベスト8進出高〜聖光学院(福島)・関東一(東東京)・成田(千葉)・東海大相模(神奈川)・新潟明訓(新潟)・報徳学園(兵庫)・九州学院(熊本)・興南(沖縄)

 個人的な予想としては、優勝は関東一高かなと思っておりますが、しかし、読者ということで言えば、やはり興南高校が優勝と言わざるを得ないでしょう(笑)。でもまんざらでもなさそうなので、この際、春夏連覇を達成して欲しいですね。


 それでは、本日の記事紹介です。昨日の記事になりますが、示唆に富む内容だったのでご紹介します。
2010/8/16 16面 【ビューポイント】
沖縄問題に望む本質的議論

  タブー化は思考停止に


                    沖縄大学教授 宮城 能彦

論点の蓋を開けた鳩山発言


 今年6月民主党の鳩山由紀夫首相が普天間基地移設問題を混乱させた責任をとって辞任した。普天間基地の移設先を「少なくとも県外」と発言したことは、保守側からは安易だと非難され、左翼や沖縄側からは結局実現できなかったことを責められたのである。

 鳩山前首相の発言はあまりにも軽率であったと私も思う。しかし、ここでは敢えて彼の発言や行動の評価できる部分について考えてみたい。

 そういった試みを快く思わない人々もいるかもしれない。しかし、沖縄問題について私が発言する目的は「議論できる沖縄にしたい」ということに尽きる。様々な立場や考えの人が、自分の意見を表明し議論していくことで沖縄問題への認識を高めていけたらいい…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

続・沖縄水増し集会

  • 2010/05/03(月) 15:07:11

 またしてもといった感じです。すでに関係者の間では、到底9万人などという数字はありえないというのは周知の事実で、沖縄県警でも実際1万2000人ぐらいだろうとの分析をしていたわけで、今回それが証明されたわけです。

物言えば唇寒しというのか、言論統制というべきなのか本当に沖縄って小中華化してると思います。それにしてもテイケイの高花会長ってすごいですね。2007年9月29日に宜野湾市で開かれた「教科書検定意見撤回を求める県民大会」いわゆる“11万人集会”おいても同様の手法で分析して、約1万8000人という参加者数を割り出しています。



2010/5/3付 世界日報1面 
沖縄県民大会
  「9万人参加」実際は約1万2000人 
    先月25日 普天間の県内移設反対で


警備会社会長が航空写真拡大で分析

 先月25日に沖縄県読谷村(よみたんそん)の運動広場で開かれた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設反対を訴える県民大会の参加者数がこのほど、主催者発表の「9万人」を大きく下回っていたことが明らかになった。

 実際の参加者数は、警備会社のテイケイ株式会社(帝国警備、東京・新宿)会長の高花豊氏が、当日の県民大会全景を撮影した航空写真を基に1万1569人と割り出した。

高花氏は航空写真を縦8、横13の104区画に割り、各区画ごとの写真を拡大して参加者一人一人を特定し印を付けて数え上げた。下の写真コピーの区画ごとに打ち込まれた数字は、区画内に確認された人数で、これを合計して当日の実際の参加者数とした。

これを約1万2千人としても、すでに独り歩きしている主催者発表の参加者数「9万人」は、7倍以上という途方もない“水増し”発表ということになり、今後に問題を残しそうだ。
 当日の集会は仲井真弘多(ひろかず)知事をはじめ県内全41市町村の首長、県選出の国会議員らが出席し、飛行場の「県内移設反対」を訴える初の超党派の県民大会となった。

 しかし、参加者数の7倍もの水増し発表は、かえって大会主催者への信頼に傷をつけ、これを「主催者発表」として安易な鵜呑み報道をした報道機関も記事の信憑性と責任が問われよう。

 なお、高花氏は先月末、これらの写真コピーなどを各報道機関などに公表した。

The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan






このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

沖縄県民斯く戦へり

  • 2009/06/23(火) 14:22:07

 意見広告 (本日4面より)

 6月23日は、沖縄県民にとって「慰霊の日」である。
64年前のこの日、約20万人の尊い命を捧げた沖縄戦が、事実上終結した日である。沖縄戦で、旧日本軍は沖縄県民と共に、米軍と最後まで戦った。

旧日本軍には沖縄県民の事への配慮が全くなかったとの問違った風説があるが、死に臨んでなお、県民の前途を心配してくれたのである。その様子は、海軍沖縄方面根拠地隊司令官、
太田実少将(当時)が昭和20年6月6日夜に海軍司令部壕から海軍次官に
打電した電文に記されている。
ここにその全文(現代文)を掲載し、英霊たちに感謝と敬意を捧げたい。


「沖縄県民かく戦えり。後世、格別のご配慮を乞う」


 沖縄県民の実状に関しては、県知事より報告せらるべきも、県にはすでに通信カなく、第三十二軍指令部又通信の余カなしと認めらるるに付、本職、県知事の依頼を受けたるにあらざれども、現状を看過するに忍びず、之に代って緊急御通知申し上ぐ。

沖縄島に敵攻略を開始以来、陸海軍方面とも防衛戦闘に専念し、県民に関しては殆んど顧みるに暇なかりき。然れども、本職の知れる範囲においては、県民は、青壮年の全部を防衛召集に捧げ、残る老幼婦女子のみが、相次ぐ砲爆撃に家屋と財産の全部を焼却せられ、わずかに身をもって、軍の作戦に差し支えなき場所の小防空壕に避難、尚爆撃下(…不明)、風雨にさらされつつ乏しき生活に甘んじありたり。

しかも若き婦人は率先軍に身をささげ、看護婦、炊事婦はもとより、砲弾運び、挺身斬込隊すら申出る者あり。所詮、敵来りなば老人子供は殺さるべく婦女子は後方に運ぴ去られて毒牙に供せらるべしとて、親子生き別れ、娘を軍営門に捨つる親あり。

看護婦に至りては。軍移動に際し、衛生兵すでに出発し、身よりなき重傷者を助けて(…不明)、真面目にして一時の感情にはせられたるものとは思はれず。更に軍において作戦の大転換あるや、自給自足、夜の中にはるかに遠隔地方の住民地区を指定せられ、輸送力皆無の者、黙々として雨中を移動するあり。

之を要するに、陸海軍沖縄に進駐以来、終始一貫、物質節約を強要せられて、ご奉公の(…不明)を胸に抱きつつ遂に(…不明)ことなくして、本戦闘の末期と沖縄島は実状形(不明)一木一車焦土と化せん。糧食六月一杯を支ふるのみなりと謂ふ。沖縄県民かく戦えり。
県民に対し後世格別の御高配を賜らんことを。

 打電を終え、大田実海軍少将はその1週間後の6月13日、現場で自決した。享年54歳。
豊見城市にある戦後修復された旧海軍司令部壕の司令官室の白壁には、
   「大君の御はたのもとに死してこそ人と生まれし甲斐ぞありけり」
という大田中将(戦後)の愛唱歌が当時のまま残されている。

 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

                    平成21年6月23日
                             国旗国歌推進沖縄県民会議
                              会長 恵 忠久 他 役員一同

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

沖縄戦集団自決〜県内知識人が軍命説を根本否定

  • 2009/06/14(日) 11:25:50

 小学校における取り組みのひとつに、ノーテレビ・ノーゲームデーがあります。豊島区の青少年委員会が主体となって実行しているもので、うちの学校では、毎月10日がその日になっております。

この日だけは、我が家でもテレビを見れないように、画面にお知らせを貼ってしまいます。子供たちも見れなければ見れないで他の遊びをしてますので全く問題ありません。

 ジャニタレと吉本が独占する芸能人による芸能人のためのろくでもない番組を見る必要性などどこにあるのでしょうか?また亡国を画策し、国民を自虐史観に染め上げるような番組を見る必要性があるのでしょうか?
公共の電波を既得権益として完全に私物化しているテレビ関係者ですが、今に大きなパラダイムシフトに泣く日がくるでしょう。


 それでは、本日の記事紹介です。
 2009/6/14付 世界日報16面 沖縄のページ 
沖縄戦集団自決 
  県内知識人が
    軍命説を根本否定

 文芸誌「うらそえ文藝」最新号で

 先の大戦末期の沖縄戦時に座間味島、渡嘉敷島で起きた集団自決で、当時の守備隊長だった梅澤裕氏と赤松嘉次氏(昭和55年死去)が住民に自決を強要したかどうかの事実関係をめぐって、文芸誌「うらそえ文藝」(沖縄県浦添市文化協会発行)はこのほど、「隊長の自決命令はなかった」とする特集記事を掲載、県内外に波紋を広げている。 (那覇支局・豊田 剛)   

 5月に発行された「うらそえ文藝」第14号は、34ページにわたって「集団自決」問題を取り上げた。同誌がこうした政治的問題に触れるのは異例とも言える。特集記事を執筆したのは、「うらそえ文藝」編集長で沖縄県文化協会長の星雅彦氏と沖縄戦ドキュメンタリー作家の上原正稔氏の2人だ。

 星氏は自らによる聞き取り調査を根拠に、上原氏は米軍関係の資料や関係者による証言を根拠に「隊長の軍命令はなかった」として、「軍命説」を地元紙による「でっち上げ」と結論付けている。

 上原、星両氏は9日、県庁記者クラブで緊急記者会見を開いた。会見には地元紙と地元テレビの記者のほか、本土の新聞記者数人が参加していた…

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

金城氏の偽証〜沖縄戦集団自決問題

  • 2008/09/08(月) 09:28:44

 しかし、毎日毎日よくもこうコロコロと天気が変わるなと思いますが、‘女心と秋の空’とはよく言ったもので納得という感じです。男でもコロコロ変わる人間はいるみたいですが…。


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/9/8付 世界日報1面 【特報】より
 金城氏の偽証濃厚に

   〜NHKの沖縄戦集団自決特集で兄が明言
     「父に手を掛けた」

 NHKが8月29日放送した沖縄戦集団自決特集番組で、渡嘉敷島に住む金城重栄氏(81)が「(弟と二人で)僕たちは両親も弟もみんな、その場で殺してしまった」と明言した。この発言により、沖縄戦集団自決訴訟で昨年9月10日、福岡高裁那覇支部での所在尋問(出張法廷)で、「父とはぐれた」「父には手を掛けていない」と語った弟の金城重明・沖縄キリスト教短期大学名誉教授の発言が偽証である可能性が濃厚となった。「自ら手に掛けることが家族への愛」という、これまでの説明も説得力を失ったと言える。  (編集委員・鴨野 守)

 この番組はNHK沖縄が制作し、「九州沖縄スペシャル“集団自決”〜沖縄 渡嘉敷島 兄弟の告白〜」と題して29日午後8時から43分間、九州・沖縄で放送された。

 番組では当時10代だった金城兄弟のインタビューを核にして、当時の軍国主義教育、「天皇陛下万歳」の声、手榴弾を叩く音が、「兄弟にとって“自決命令”だった」という結論を導いたもの。だが、駐留していた日本軍が住民に自決命令を下したかどうかは不明としている…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む