東アジア激動の100年に立つ

  • 2010/01/01(金) 13:42:22

 平成22年、皇紀2670年、新年明けましておめでとうございます。良き1年となりますように。




2010/1/1付 世界日報16面 【ビューポイント】
東アジア激動の100年に立つ

203高地を恥じた中国


   麗澤大学教授 評論家 松本健一

 2009年晩秋の一日、わたしは中国・大連市郊外の旅順で、爾霊山(にれいさん)にのぼった。爾霊山は、日露戦争中、最大の激戦地だったと伝えられる旅順要塞203高地のことである。

 その軍事上の地名に「爾霊山」の字をあてたのは、満州軍第3軍司令官として旅順攻略を担当し、ここで1万5000をこえる戦死者を出した、乃木希典(陸軍大将)だった。乃木は戦闘がまったく止んだあと、君たち死者の霊がねむる山、という意味の漢字をあてたのである。

 203高地という軍事上の地名は、これが旅順軍港を見下ろす標高203メートルの山であったからだ。それほど高い山ではない。しかし、ここにのぼれば、東方正面に旅順軍港を見下ろし、そのさきの渤海まで見渡すことができる。それゆえ、旅順港に入ってくる軍艦もすべて視界に収めることができるのである。

 わたしがこの爾霊山にいちどはのぼってみたいとおもったのは、2009年11月29日から始まったNHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』の諮問委員であり、また『明治天皇という人』(毎日新聞「本の時間」)という連載で、乃木将軍の203高地占領を扱っていたからでもある。そんな切実な思いから爾霊山にのぼってみたところ、そこはいまや観光地と化しており、中国各地からの若い女性がミニスカートとロングブーツで闊歩していた。これが旅順攻略戦105年後の実景だった…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

小沢憲法がゆく

  • 2009/12/16(水) 21:38:40

 皆さん、今日の読売新聞見ましたか?共産党の志位さんが憲法に関して、小沢幹事長を糾しています。

  小沢さん、憲法よく読んで (読売新聞4面)
 共産党の志位委員長は15日、民主党の小沢幹事長が天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見を天皇の国事行為だと指摘したことについて、「憲法をよく読むと国事行為として厳格に定められている項目があり、外国の賓客との会見は入っていない。公的行為だ。小沢さんこそ憲法をよく読んでほしい」と批判した。


 反天皇制の共産党にまでつっこまれてどうよって感じですが、さすが護憲政党!惚れ直しました。でもなんか笑っちゃいますよね


 それでは、本日の記事紹介です。
2009/12/16付 世界日報12面 【メディアウォッチ】

民主党訪中と小沢氏「解放戦」発言に
        各紙異議、尾を引く特例会見


実相表す読売見出し


 民主党の大訪中団が物議を醸したかと思えば、それに続けて天皇陛下と習近平中国副主席との会見の「1カ月ルール」破りである。いずれも小沢一郎幹事長の「豪腕」のなせる業のようだが、誰が見ても度を過ぎている。各紙がそろって民主党に疑問を呈したのは当然のことだろう。

 まず訪中団。これは小沢氏が自民党時代から進めてきた「長城計画」と名付けられた私的な日中交流事業と民主党と中国共産党の定期交流事業との合同プログラムだという。野党ならまだしも、民主党は政権与党だ。それが予算編成で政治主導を唱えるこの時期に大挙しての訪中である。その数は同党の国会議員の約3分の1に当たる143人にのぼる。これでは小沢氏の民主党私物化と言われても仕方あるまい…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

奉祝 天皇陛下ご即位20年

  • 2009/11/12(木) 10:54:46

 天皇陛下ご即位20年を心よりお祝い申し上げます。
天皇・皇后両陛下の益々のご健勝と皇室のご繁栄をお祈り申し上げます。



 2009/11/12付 世界日報8面 【天皇陛下ご即位20年特集】
象徴の伝統、見事にご体現

 お歌に込められた国民への仁慈


東京大学名誉教授・小堀桂一郎氏に聞く


 国内外の情勢が激動する中にあっても、常に国民と共にあり、国民の揺るぎない心の拠りどころであられる天皇、皇后両陛下。ご即位からの20年を、東京大学名誉教授・小堀桂一郎氏に振り返ってもらった。
                               (聞き手=文化部長・藤橋 進)  

 ―今上陛下が位にお就きになって、平成の御代が始まったわけですが、初めての新年の一般参賀の時でしたか、そのお言葉が、昭和天皇と比べて、より親しみやすい言葉遣いになられたのが印象的でした。―


 小堀 やはり戦後のお育ちの故というか、世代の差がお言葉やお振る舞いのうちに見て取れて、これが新しい時代の表れだと感じられた点はあるでしょう。歴代の天皇それぞれ個性をお持ちになっておられる以上、それが皇位というものへのお考えに反映する面もおありなわけですから。

 ―とはいえ、この20年を振り返ってみますと、そういう変化以上に、やはり皇室伝統の不変の部分というか揺るぎなさを改めて感じます。また、昭和天皇から直接受け継がれたものも、大変大きいものがあるのではないでしょうか。―


 小堀 昭和天皇から何を受け継がれたかとなると、それはやはり日本の国体というものについての確固としたお考えだと思います…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

昭和の日

  • 2008/04/29(火) 09:17:54

 今日は昭和の日。
 昭和天皇の遺徳を偲んで設けられたこの祝日ですが、当初は、みどりの日として公布されていたものを昨年より名称変更し、「昭和の日」となりました。
 個人的には、この名称の方がしっくりするような感じがしますが、皆さんはいかがでしょうか?
 写真は、2階のベランダに掲げた日の丸です。
 しかし、日の丸を掲げるお宅は本当に少ないですね。
私の配達コース上では、交番等を除いてたったの2軒でした。
 祝祭日には、国旗を掲げましょう!


ということで、本日の記事紹介です。
2008/04/29付 世界日報6・7面 「昭和の日」特集 
素顔の昭和天皇を偲ぶ

鼎談
元宮内庁侍従職 牧野名助氏(中)
元皇室カメラマン 瓜生 浩氏(左)
元三越チーフデザイナー 奥山孝夫氏(右)









 国家の繁栄と国民の幸福を祈られ、文字通り国民と苦楽を共にされた昭和天皇。昭和天皇の誕生日が国民の祝日「昭和の日」となって1年目を機に、内舎人(うどねり)として長年、昭和天皇に身近に仕えてきた元宮内庁内廷係長・牧野名助さん、元皇室カメラマン・瓜生浩さん、昭和天皇の洋服デザイナーで元三越本店紳士服チーフデザイナーの奥山孝夫さんに、素顔の昭和天皇を偲(しの)んでいただいた。           司会=文化部長・藤橋 進
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む