今こそ憲法改正目指す勢力の結集を!

  • 2010/05/18(火) 13:23:40

 さる4月26日(月)に開催されました創刊35周年記念の世日クラブ講演会(講師:中西輝政教授)の要旨です。日本の政治がいかに危機的状況にあるかということ、そして今こそ真の保守の団結がいかに願われているかということを明快に語っておられます。

2010/5/17付 世界日報9面 【創刊35周年記念 世日クラブ特集】
日本の政治をどう見通すか

            講演:中西輝政 京都大学大学院教授

 憲法改正目指す勢力の結集を

鳩山政権の普天間対応の混乱/根底に日米中 等距離論


 沖縄普天間基地移設問題を契機に、わが国の政治はかつてない混乱に陥っている。中西輝政京都大学大学院教授は、都内で開かれた世界日報創刊35周年記念の世日クラブ講演会(4月26日)で、今後の日本の政治をどう見通すかについて講演した。

 今日は、世界日報の創刊35周年という記念すべき機会にお招きに預かりまして有難うございます。

 今の鳩山政権の政治運営は、とうとう究極の破綻状況に至っています。幾つかの世論調査で、民主党支持率は2割を切っています。いったん落ちると、土俵際で踏ん張るということができない体質の政党なので、これは大変重要な指標になります。

 普天間移設問題ですが、5月末という鳩山首相の設定した期限に何の意味があるのかと考えてきましたが、やはり「衆参同日選挙」を民主党の小沢幹事長は仕掛けるのだろうと思います。5月末だと7月参議院選挙にはうまく合うタイミングです。背景に小沢さんの衆参同時選挙というシナリオが、鳩山さんが5月末決着と言い出した1月ごろにあったのではないでしょうか…

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

民主党政権は日教組政権

  • 2009/08/27(木) 14:18:03

 新型インフルエンザが一気に広まる気配をみせてきました。子供の通う学校でも、インフル対策で、始業式を放送を通じて各教室で行なったそうです。学校行事にも影響が出そうで、先生方も気が気ではないようですね。

 さてさて、選挙戦も最終段階になってまいりましたが、民主の勢いもまるでインフルエンザのようにとどまるところを知りません。
病はすぐに治療ができますが、政治はすぐには治療ができません。30日の投票は、よくよく考えて行動したいと思います。


 それでは、本日の記事紹介です。
2009/08/27付 世界日報1面
民主党教育政策に危機感
  ―保守派が緊急国民集会

 現場任せの「指導要領」に

 各種世論調査による今総選挙の議席獲得予想で民主党の圧勝が報じられる中、保守派有識者の間で強い危機感が広がっている。国の在り方にかかわる教育や安全保障政策が、選挙の争点からかすんでいることもその背景にあるようだ。 (編集委員・山本 彰)

 24日、都内で「『日本の教育が危ない!』―あなたは日教組教育を選びますか?」とのテーマで緊急国民集会(実行委員長=小田村四郎・元拓大総長)が開催され、有識者11人が登壇して意見を重ねた。その中で特に注目を浴びたのが民主党の掲げる「学習指導要領の大綱化」。討論では、学習内容が現場任せとなり、日教組の偏向副教材が是認される事態となる点など、同党の教育政策がもたらす“効果”が改めて明確にされた。

 まず、小田村氏が、民主党政策集INDEX2009の問題点を指摘。「日本の年号がまったく使われていない」とした上で、慰安婦問題を調査する部局の国会図書館内設置、個人が国家を超え国際機関に提訴できる女子差別撤廃条約選択議定書の批准――などが盛り込まれている点を挙げ、「国家・家族解体を進めるものだ」と警戒感を示した。

 また、教育政策も?中央教育委員会の設置による文部科学省の廃止?学習指導要領の大綱化?教科書採択を広域採択から日教組教員が影響力を行使しやすい学校単位に移行――などを掲げており、「日教組の主張がそのまま並べられている」と批判。さらに、全国一斉学力テストも廃止ないしサンプル調査に替えられる点に触れ、「こうした恐ろしい点が、マニフェスト(政権公約)には抜け落ちている」と警告した。

 これに関連し、伊藤哲夫・日本政策研究センター代表は、民主党の主張する「学習指導要領の大綱化」について「これは、国が細かいことを指導しないということ」と分析、「大分県の小中学校で副教材となっていた『平和カレンダー』の内容も容認されてしまう」と訴えた。

 同カレンダーは、日教組が作成した自虐史観に基づき、それぞれの日の歴史的出来事を書き込んだもの。政治的過ぎるとして県議会で問題となり、数年前、教室での掲示が禁止された。

 登壇者からは、「民主党政権は日教組政権」(松浦光修・皇學館大学教授)といった危機意識の表明が相次いだ。

 だが、その一方で「日教組には常識的な先生もいる。まず校長、教育委員会の指導力不足をただすべきだ」(小川義男・狭山ケ丘高校校長)との意見も出されるなど、具体的な現場からの運動論構築といった、保守陣営が抱える課題も浮き彫りとなった。

The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

田母神俊雄氏が那覇で講演

  • 2009/06/07(日) 18:08:40

 いや〜今日は暑かったですね〜…昨日の雨で、今日が運動会だったところも多かったのではないでしょうか?

 私はというと、消防団のポンプ繰法大会があり、参加してまいりました。まあ〜炎天下の訓示、祝辞の長いこと…。おかげで食欲もなく、ひたすら水分補給ばかりしておりました。

 これから、お疲れ様会に行ってきま〜す!


 それでは、本日の記事紹介です。田母神先生第3弾です。
2009/6/7付 世界日報16面 沖縄のページより
防衛・歴史観で
    自由な言論求める

 【前航空幕僚長・田母神俊雄氏が那覇で講演】
   南西域の自衛力増強訴え


 昨年10月に民間の懸賞論文へ応募した論文内容が政府見解と異なるとして航空幕僚長を更迭され、空将として定年退職した田母神俊雄氏の講演会(主催・同沖縄実行委員会・石嶺邦夫会長)が5月30日、那覇市内のホテルで行われた。

同氏の沖縄講演会は、退職後初めて。「沖縄では講演会は成功しないのではないか」との見方もあったが、元自衛官、自衛隊関係者、政財界、一般を含め800人の会場に約900人が詰めかけ、同実行委員会は「予想外の大盛会」と手応えを感じている。(那覇支局・豊田 剛)

 「予想をはるかに上回る人数が参加し、幅広い層の人々が集まった。特に若い人々は正論を求めている。沖縄の硬直した言論空間に風穴を開けることができた」

 実行委員会会長の石嶺邦夫氏は、講演会後、こう感想を述べた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

土屋都議総決起大会

  • 2009/03/10(火) 11:35:49

 昨日は、闘う都議!土屋敬之都議会議員の総決起大会に参加してきました。今年は選挙の年ということで、昨年とは心なしか緊張感と熱気が違う感じがしました。

 土屋先生の演説は、常に力強さとユーモアに満ち溢れ、いつも元気をもらいます。やはり確かな政治信条に裏打ちされたその説法には、人の心を魅了せずにはおれない魂の叫びが感じられます。 



 本来なら国政の場で活躍していただきたい国士の1人ですが、いずれその機会がやってくると信じてやみません。まずは、今回の選挙に受かっていただきたいと思います。

            まずは恒例のオペラ歌曲で開幕。
             歌劇「椿姫」より乾杯!を歌う面々



高橋史郎先生が来賓として挨拶されました。

   渋谷区選出の民主党都議の大津ひろ子氏より
                        激励の花束贈呈






土屋先生が制作総指揮をされた知覧の特攻隊を描いた演劇「帰ってきた蛍」の出演メンバーも応援に駆けつけました(右端は、女優の伊藤つかささん)−下は、会場の風景−
            

 今回も手作りのお料理でのおもてなしでした。ご婦人方の頑張りがすごい後援会です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

田母神前空幕長講演会

  • 2008/12/16(火) 11:34:32

 昨日、都内のホテルで開かれました田母神前空幕長の講演会に行ってまいりました。
立ち見が出るほどの盛況振りで、関心の高さと憂国の渦を感じました。

 当初は受賞に祝賀モードだったのが、増田防衛事務次官に報告を入れたところから雲行きが変わり、辞表提出を迫られるようになる一連の流れの中に、戦後自虐史観に染まり、村山談話に拘束され「国益」という考えを失い、己が保身に走る政府・官僚の姿を垣間見ました。

犯罪をおかしたわけではないとして、頑として辞表提出を拒んだ田母神空幕長に対して、いつもなら物事を決めるのに3週間はかかるところが、わずか2時間でクビになったというお話には、怒りを通り越して情けなさすら感じました。

ときにユーモアを交えながらのその語り口は非常に小気味よく、マスコミを通して巷間伝わってくるいわゆる「文民統制を逸脱し、クーデターを起こそうとする危険人物」とは程遠く、非常にヒューマニティを感じさせるお人柄でした。

 真実を伝えないマスコミは本当に“増すゴミ”です。

 意外や意外と言いますか、田母神先生の講演会と聞き馳せ参じたデヴィ夫人。講演会になりそうな勢いで憂国の情を吐露しておりました。





 四児の母でありながら草莽崛起の一人として頑張っておられる松浦芳子杉並区議 






 おなじみの「愛国女史」ジャーナリスト大高未貴さん







                    憂国の士−田母神先生





 以下、本日2面に掲載されました取材記事です。

田母神前空幕長が講演

 タブーのない安保論議を

 「日本は侵略国家ではない」と主張する論文を公表し、更迭された航空自衛隊の田母神俊雄・前幕僚長は15日、都内で講演し、「自衛官が発信しなければ、国民は日本の安全保障について正しい認識がもてない」と述べ、自身の主張の正当性を改めて強調した。
 講演の中で田母神氏は「戦後、勝者である連合国側が『米国が善、日本が悪』とする歴史教育を徹底した」との歴史認識を示すとともに、「20万人以上が公職追放された後、左翼思想に支配されていった」と、村山談話の背景にいわゆる自虐史観と左翼思想があると強調。「村山談話を踏襲したら日本はダメになるし、自衛隊は骨抜きになる」と、同談話に対し強い懸念を示した。

 また、「自衛隊は存在するだけで良しとされる存在から、貢献が求められる時代になった」とした上で、日米同盟の在り方や核保有の是非についても、「民主主義国なのだから、国を守る上での問題点をしっかり議論すべき」と述べ、タブーのない国民的議論の必要性を訴えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る