ああ日米“民主党”

  • 2009/12/12(土) 15:48:00

 何を考えてるんだか、議員140名を含む総勢約600名を従えて、民主党の小沢幹事長が訪中しました。中国側も胡錦濤国家主席自らが議員1人々々と「握手・ツーショット」という大サービスぶり。この程度で籠絡できれば安いもんだと思ってるんでしょうねえ。嬉々として写真におさまる連中の気持ち悪いこと。このうちの何人がトラップに引っかかることやら…。

 鳩山首相は首相で、天皇陛下と習近平国家副主席との会見を特例扱いでセッティングしてしまうし、民主党はこの国を中国に売るつもりなんだろうかと普通に思っちゃいますよ。ホント。そういえば鳩山さんの3Kというのがあって「基地」・「献金」・「経済」問題だとか。それなら中華の「華」をとっていっそ4Kにしてもらいたいもんです。

 さてさて話は変わってアメリカの話題。今一番ホットなのは、やはりタイガーウッズでしょう。愛人14人(?)とは恐れ入りますが、中には騙りもいるでしょうけど火のないところに煙は立たないということで、有名税だけでは済まない感じです。地位・名誉・財産を得た人間の人生というのもなかなか難しいものがありますね。でも一度は頂点の体験もしてみたいと思うのは貧乏人の浅はかな考えでしょうか?
 こんなバカバカしいゲームが今のウッズの状況を端的に表しているようです。お暇ならどうぞ。>>>Tiger Hunting

 あともう1人、こちらも民主党のお偉いさんです。そうオバマ大統領です。ノーベル平和賞なんか受賞してしまいましたが、国内外の評価には大きな落差があるようです。だいたい最近のノーベル平和賞なんて疑問符のつく人ばかりが受賞してるじゃありませんか。パレスチナのアラファト議長だの、韓国の金大中大統領だの、アメリカのカーター元大統領だの、国連のアナン事務総長などなど…。どこがどう平和になったんでしょうか?胡散臭さだけがプンプンする勲章です。

 さて、今日はそんな最高司令官を痛烈に批判するコラムをお届けします。


 2009/12/12付 世界日報4面 コラム
 オバマ大統領の招集ラッパ
   勝利へ確信ない最高司令官   
     米コラムニスト−チャールズ・クラウトハマー


 責任逃れのアフガン演説

 空で、地上で、畑で、山で1年半の間、戦い抜く。そうすれば、国に帰れる。

 米国は絶対に負けない。だが、戦費がかさんで資金不足になりさえしなければの話だ。アイゼンハワーは「国家プロジェクトの中でも、国家プロジェクトの間でも収支のバランスを取ることが必要」と言った。今なら「これらの戦争にかかる費用を無視する余裕はない」と言うべきだろうか。

 これは、オバマ大統領がウェストポイントの陸軍士官学校でアフガニスタンへの増派を発表した時に言った言葉だ。なんと奇妙な演説か。戦争に向かうというのに、こんなにあいまいで、不確かで、弱気でいいのか…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

岐路に立つ民主オバマ

  • 2009/08/24(月) 17:13:25

 毎日暑い日が続きますが、朝方の涼しさのなかに秋の気配を感じるようになってきました。今年は、梅雨明け宣言後も雨が続いた影響で、本当に夏らしい日が少ないままに秋を迎えてしまうのかなという感じです。

 先月末からの各町会の暑気払いや盆踊りには、各政党候補や応援の議員が入れ替わり立ち代りやってきては宣伝をしていきましたが、果たしてその行方はどうなるやら…。

 某政党もこのまま秋を迎えてしまうのでしょうか…?


 それでは、本日の記事紹介です。米国の“本家民主党”大統領も、当初の人気とは裏腹に期待を裏切りつつあるという現実を伝えております。
2009/8/24付 世界日報16面 【ビューポイント】
オバマ政権、岐路に立つ夏

 不支持率膨らむ閉塞感

アメリカン・エンタープライズ
            政策研究所客員研究員 加瀬 みき


 国内外の絶大な支持を背景に、米国が抱えるさまざまな課題を一気に改善することが期待され発足したオバマ政権だが、半年後の今、大統領のネット支持率は大きく低下し、政策の行方は混沌としている。いくつもの大きな課題に同時並行的に対応する政権は、個別政策の躓きが他をも巻き込む危険に直面している。

 支持率だけを見ると、オバマ大統領に対する国民の信頼はあまり変わっていない。就任時7割近くだったが今でも50%から58%はある。しかし、概ね10%台であった不支持率が4割前後まで膨れた結果、ネット支持率はギャラップ社の調査で、就任時56%が、最新調査(8月11―13日)で15%まで落ちている。期待が大きければそれだけ下降線も険しく、またオバマ政権が膨大な問題を当初から抱えていたのも事実である。しかし、この半年間でオバマ政権の甘さや欠陥も見え始めた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

「普通の国」に近づく米国

  • 2009/03/30(月) 22:07:09

 いよいよ4/4(土)、地元南長崎におきまして、トキワ荘記念碑「トキワ荘のヒーローたち」の除幕式が行われます。これは、豊島区と地元商店街がタイアップして行われるイベントで、豊島区としては文化・観光資源としてのアピールを、地元においては新しい町づくりの起爆剤とするべく行われる内容です。

 当日は、鈴木伸一先生、よこたとくお先生、水野英子先生(といっても私は全然知らない方たちばかりですが…)をはじめトキワ荘に縁の深い先生方、プロダクション関係の方々が出席される予定で、特に水野英子先生は、オリジナルグッズの販売の予定です。また、宝塚の手塚治虫記念館でしか手に入らないクリアファイル、下敷き、ノートなども特別に販売するそうです。



   水野英子先生デザイン・オリジナルキーホルダー
   1個500円(税込み)売り切れ御免の限定300個だそうです


日時:平成21年4月4日(土)
    午前11時〜15時
場所:南長崎花咲公園(豊島区南長崎3-9-22)




 それでは、本日の記事紹介です。

2009/3/30付 世界日報16面 【ビューポイント】
「普通の国」に近づく米国

 多極時代の利害調整を
       福井大学教授 小林 道憲



 カルタゴやセレウコス朝のシリア、プトレマイオス朝のエジプトを次々と滅ぼし、もはや地中海世界に敵のいなくなった古代ローマは、紀元前27年に帝政に移行、ローマ帝国による地中海世界の一極支配が始まった。

その後も版図の拡大は続き、地中海世界の各地から、物、金、人が続々とローマ市に流入、ローマは繁栄を極めた。人々は、これをパクス・ロマーナ(ローマによる平和)と言い、繁栄を謳歌したのである。

ところが、紀元後117年、ハドリアヌス帝の治世にローマの版図は拡大を停止、地中海世界からの戦利品や税金の大量流入が止まり、帝国の経済は縮小に向かっていった。ローマの衰退は、この頃から始まったと言えよう。帝政ローマが成立してから、144年後ということになる。

 翻って、今日の世界史の現在はどうであろうか。20世紀、アメリカがドイツ・日本・ソ連を滅ぼし、世界の一極支配に入ったかのように見えたのは、1991年のソ連の崩壊からであった…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

いつか来た道

  • 2009/02/27(金) 23:21:21

 昨日は、ワールド・フォーラム(代表幹事:佐宗邦皇)という団体の定例講演会に参加してまいりました。政治評論家の森田実氏と「王道日本」というシンクタンクの代表佐野雄二氏という2人の講師によるダブルヘッダーの講演でした。 森田氏は、
世界のプレスのアジア支局が日本から中国へ皆移ってしまった現状を紹介しながら、世界の目は米国よりもむしろ日本発の世界崩壊の危機を懸念していることを示唆。
さらに、中川大臣の記者会見の模様が全世界を駆け巡ったことで、「日本はこれで終った」と見られていると厳しい指摘をされました。

 小泉政権による郵政民営化批判とさらには電通批判を行ったことで、現在メディアからは仕事がこなくなったと自嘲気味に語っておられましたが、第4権力=マスコミと第5権力=外資によって、本当に日本は操られていると感じます。
もっとも信念を持った気骨ある政治家がいなくなってしまった事が、この国を一番ダメにしている原因でありまして、小沢民主党がいまだに次期政権政党としての正式な公約・政策発表もせずに、ただ敵失で転がり込んでくる政権の座を待っている姿勢は、小選挙区による2大政党制を唱えてきた人間として国民をないがしろにしているのみならず、じつにアメリカの言いなりになって自衛隊のアフガン派兵・武力行使を目論んでいるという聞き捨てならない情報を披瀝されました。
 また「王道日本」を主宰する佐野雄二氏は、昨年の11月に行われたG20における世界的な財政出動決議にも関わらず、日本においては小泉内閣以来の緊縮財政予算にいまだにとらわれ、景気が回復せずにどんどん地方が疲弊していることを指摘。また、地球環境と資源の存続のために、GDP中心の経済からの脱却を唱えておられました。

 お二方の講演を聴きながら、まさしく今の経済の状況は、いつか来た道をまた歩むことになりかねない危険性を多分にはらんでいる事を痛感いたしました。


 それでは、本日の記事紹介です。 

2009/2/27付 世界日報16面 【ビューポイント】
“第三次大戦”前夜の世界

  経済危機と保護主義化

                  国際問題評論家 盒供\


 昨秋、米国を震源地とする「100年に1度の経済危機」が世界を襲う前、イラク・アフガニスタンでの米国の躓きとロシアの復活、中国の台頭で、この調子では早晩、米国の一極支配は終わり、冷戦が復活するのではということがしきりに言われた。

確かに、昨秋の経済危機発生まで、ロシアは原燃料の世界的高騰の波に乗り、中国は超高度経済成長によって、欧米や日本の経済的覇権に挑戦してきたばかりでなく、余勢を駆って軍事力の拡充や行使でも米国の覇権に挑戦してきた。

一、二、例を挙げれば、中国は世界の北京五輪ボイコットの恐れも省みることなくチベット弾圧を強行したし、ロシアは南オセチアやアブハジアの分離独立阻止のために出兵したグルジアに対して公然と武力を行使、両地域を独立させて親露政権を拵えたが、米欧はなす術も無かった。昨年来のこの「押せ押せムード」は世界経済危機発生後も止んでいない。

 とは言え、米国の覇権に対するこの種の挑戦を即「冷戦の復活」と断ずるには無理がある。何故なら「冷戦」とは何よりもまず、「自由民主主義」対「共産主義」のイデオロギー対立であったが、ソ連は疾うに共産主義を放棄してロシアになってしまい、中国もまた、政治的には「一党独裁」だが、経済的には市場経済化し、「社会主義イデオロギー」は「中華民族主義」に取って代わられた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

配管工のジョー

  • 2008/10/22(水) 12:34:32

 昨日は、第122回世日クラブ講演会に参加してまいりました。講師は、元日銀理事で、衆議院議員でもあった鈴木淑夫先生でした。

 経済の事はなかなか分かりにくい面がありますが、パワーポイントを使ってわかりやすく説明してくださいました。

やはり一番感じたのは、小泉政権の経済政策のまやかしで、世界日報でも随分批判しましたが実際の経済の動きとして小泉・竹中のやったことがどれだけ国民経済を疲弊させたかがよく分かりました。

 かつて住専の不良債権処理で痛い目にあっているので、銀行をはじめとした日本の金融機関のサブプライム関連での傷は割と浅く済んでいるそうですが、景気の大幅後退ないし停滞状況は当分変わることがないので、今度の選挙は政権党である自民党にはかなり厳しいものになるかと思います。

 生活主体という政策も一致することから、民主・公明の連立政権誕生近しといったところでしょうか?そうなったらいっそのこと名前も新・新進党にしたらいいかもしれませんね。


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/10/22付 世界日報7面 【ワールドスコープ】より
オバマ氏 波紋呼ぶ「富の分配」発言

 「配管工のジョー」がきっかけ

左寄りの政治姿勢浮き彫りに


 民主党の大統領候補バラク・オバマ上院議員が「配管工のジョー」と交わした会話が論争を巻き起こしている。配管工の白人男性がオバマ氏の税制案について増税の懸念を示したところ、同氏は低所得者への「富の分配」が必要だと社会主義的な色彩が濃い発言をしたためだ。これを受け、共和党候補のジョン・マケイン上院議員は、オバマ氏の経済政策を「背後にある前提は階級闘争だ」と批判するなど、「配管工のジョー」をめぐる論争は、オバマ氏の極めてリベラルな政治姿勢を浮き彫りにした格好だ。 (ワシントン・早川俊行)

 「配管工のジョー」とは、オハイオ州に住むジョー・ウーツェルバッカーさん(34)のこと。今月12日、激戦州の同州で遊説したオバマ氏に対し、配管業の会社買収を検討しているウーツェルバッカーさんは、年収25万?(約2,500万円)以上の人を対象にしたオバマ氏の増税案に不満をぶつけた。

 「私は1日に10〜12時間働き、会社を買おうとしている。アメリカン・ドリームを実現しても、より多くの税金が課せられることになる」

 これに対し、オバマ氏は次のように回答した。

 「私はあなたの成功を罰したいわけではない。私の考え方は、底辺の人々に好ましい経済なら、すべての人に好ましい、というものだ。あなたが富を分配すれば、それはすべての人にとって好ましいことだ」

 オバマ氏は民主党内でもリベラル色の強い議員であることはよく知られているが、「富の分配」という社会主義的な政治観を露骨に示す言葉を用いたことは衝撃を与えた。特に、保守派のオバマ氏に対する警戒感は一段と強まり、同派の論客ミシェル・マルキン氏は「富の分配」発言を、「恐ろしいマルクス主義者のマントラ(まじない文句)」と呼ぶほどだ…

続きを読む