科学を装うダーウィニズム

  • 2009/10/19(月) 11:04:22

 面白いポスターを見つけました。「マルクスは生きている」 
う〜んじつにストレートにらしさを出していて、心憎いほどのアピール度です。もちろんどっこい俺も生きているんだという不破さん自身の心の叫びも感じられ、思わず応援したくなりました(笑)たまには連立を組んで政権に入ってみたらどうなんだろうと他人事ながら思うんですけどね…。




 それでは、本日の記事紹介です。ここにもマルキシズムが生きています。
2009/10/19付 世界日報16面 【ビューポイント】
科学を装うダーウィニズム

 唯物論で社会を「洗脳」

     京都大学名誉教授 渡辺 久義


 本紙記者原田正氏と私の共著になる新著『ダーウィニズム150年の偽装』の「あとがき」に、私は「(これは世直しの本のつもりだが)あるいは、私たちの提言は根本的に間違っている、これはかえって世の中を悪くする方向だと、心底から考える人があるかもしれない。それならそれで、しっかりした根拠のある論陣を張っていただきたい」と書いた。

 これは挑戦的に聞こえるかもしれないが、私の心からの叫びと言ってもよい。いったいなぜこういうことがこれまでまかり通ってきたか私には不思議でしようがないのだが、そうは考えない人、私たちの考え方が根本的に(部分的にではない)間違っていて、こういう本が世に出ることを心から憂慮する、と考える人がきっとあるのだろう。

もしあるなら是非とも心を割って話がしてみたいという真率な気持ちからこう書いた。この本で主張しているようなことは、これまで学問上も教育上も間違った考え方として否定され、事実上論ずることさえ禁止されてきたのだから、きっと私たちの心得違いを諄々と説いて聞かせようとする「正統派」の人がいるはずで、そういう人の出現をむしろ期待する。

ただアメリカの反ID論者のように問答無用で頭ごなしに退けるようなことはしないでほしい、という気持ちを込めてこう書いた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

サルに人権求める進化論者

  • 2008/09/03(水) 16:11:22

 行く夏を惜しむようにセミの声がまだまだ聞かれますが、配達コースでは、はやキンモクセイの甘い香りが漂いだしました。秋近しといったところです。


 昨日のビューポイントが興味深い記事でしたので掲載したいと思います。

2008/9/2付 世界日報16面 【ビューポイント】
サルに人権求める
        進化論者

 人を人としない思想に
  やさしさの半面の恐ろしさ

         京都大学名誉教授 渡辺 久義


 ウォールストリート・ジャーナルは7月25日の社説で、スペイン国会が、サルの人権(猿権でない)を認めよという環境委員会決議案を通過させた一件を取り上げている。これは罪のない滑稽な話ではない。この背後には、「すべての類人猿を含めた平等社会の実現」をめざす国際組織があるらしい。これを政府が認めるならば、スペインはサルに、生命、自由、拷問からの保護を保障する世界で最初の国になるだろう、とこの社説は言い、これによってサーカスなどでチンパンジーを使うことも、おそらく動物園で使うことさえ禁止され、人間よりサルの福祉が尊重されて、人間の生命を救うための薬品開発に使うことも禁じられることになろう、と論じている。

 動物への残虐をなくそうという気持ちは誰にも共通であろう。しかしそれなら動物虐待禁止法を強化すればいいことで、サルの人権を認めよなどと言う必要はない。ウォールストリート・ジャーナルは、「この主張は動物の地位を上げるより、人間のそれを下げることになるだろう。…それは動物たちを我々の倫理の世界にまで引き上げるが、その代わり人間を非人間化する。人間もサルも等しく道徳的に扱うように働くよりは、人間を動物のように扱うことを正当化する方に働くだろう」と言っているが、全くその通りである。

 ここには何か不吉なものを感じざるをえない。「類人猿計画」と呼ばれるこの運動の組織者の一人は、有名なプリンストン大学教授ピーター・シンガーだという。彼は「人間と他の動物の間の壁を壊すこと」が目的だと言い、動物に人間と同等の権利を認めないということは、人種差別と同じ「種差別」という偏見だと主張する。彼は人間の生命が神聖だという考えを否定し、障害をもって生まれてきた子供を早い時期に殺すことや、自分でものを考えられなくなった老人を安楽死させることに何の問題もないという、恐るべき功利主義思想で悪名高い人物である…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

進化論はすでに死んでいる

  • 2008/07/22(火) 12:24:14

 ID理論を紹介した1面連載「ダーウィニズム150年“最後の饗宴”」が好評です。ID理論とは「インテリジェント・デザイン」の略で、この宇宙が知性をもった何者かによって創造された(グレート・サムシング〜宗教的には神)とする理論で、いわゆる唯物思想とは対極に位置し、また宗教的な創造論とも一線を画するものです。

ダーウィンが記した進化論が、搾取的な資本主義のバックボーンに利用され、また共産主義=唯物思想の理論構築の礎にも利用されてきたことを思いますときに、人間が単なるアメーバやサルの子孫ではなく、知性と霊性をもった生き物として、もしも最初から「デザイン」されていたと証明されるならば、人の尊厳性や唯一性が高まり、今日のこのような戦争と殺戮の歴史が一変するかもしれません。

 ぜひ、連載をご購読下さい。

今日はその前置きとして、2008/7/21付 世界日報9面の連載“進化論争ノート<12>”をご紹介します。これを読むと本能的にダーウィニズムがおかしいと感じると思います。

道徳心や愛情も“進化の産物”
       科学の仮面かぶった唯物思想


 チャールズ・ダーウィン(1809〜82年)は晩年、「不可知論者」と称していたことは以前、紹介した。

 進化理論の骨子をまとめていくのと歩調を合わせるかのように、彼はキリスト教に対する不信を徐々に強め、最後は信仰を断固として退けるようになったのだった。

 信仰心を喪失していくのと並行して、彼は唯物論的な思考を強めていったことがうかがえる。

 彼は自伝の中で、人間を含めた宇宙の「第一原因」としての神の存在に対する信念が「きわめて徐々に弱まっていった」ことを明らかにした上で、次のように述べている。

「人間の心は、最下等の動物がもっていたずっと低度の心から発達してきたものだと私は完全に信じている……われわれは、子どもたちの心に神への信仰をいつもいつも教え込み、子どもたちのまだ十分に発達していない頭に非常に強い、そしておそらくは遺伝される影響を生じさせ、それで子どもたちが、サルがヘビへの本能的な恐怖と憎悪を捨て去れないのと同様、神への信仰を捨てるのが困難になるということがありうることも、見のがしてはならない」(『ダーウィン自伝』<八杉龍一・江上生子訳、筑摩書房>)

 サルがヘビに対して抱く「恐怖」や「憎悪」を人間の信仰心と同列に論じていることにも驚かされるが、ダーウィンは「信仰は遺伝する」と考えていたのである。

 スティーヴン・J・グールド著『ダーウィン以来』(早川書房)によると、ダーウィンは「哲学としての唯物論」を信じ、「物質があらゆる存在の素材であって、すべての心的・精神的現象は物質の副産物である」と考えた。

 そして彼は、自らの理論を「あらゆる生命現象に断固として適用」していったのだが、その中には「彼が『最後の砦』と呼んだ人間の精神」も含まれていた。

 ダーウィンは、人間の道徳心や良心、愛情までも、物質的な進化の産物であると信じたのだった。

 ダーウィニズムは、今なお主流の科学界を支配している。しかしその本性は、科学の仮面をかぶった唯物思想なのである。(Y)


The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る