スパイ防止法の制定を!

  • 2008/08/11(月) 12:39:53

  100平優勝の北島選手

金メダルを手にする柔道の内柴選手。

 基本的に私はテレビ観戦はしておりませんが、子供たちはテレビを見ながら素直に日本選手を応援しているのでまあいいかなと思っております。

国家というものをいやでも感じさせるのがこの世界的なスポーツの祭典であるオリンピックです。
 それにしても内戦状態にあるグルジアの選手たちの心境はいかばかりでしょうか?


 それでは、本日の記事紹介です。スパイ防止を経産省が提言してるのが泣かせます…

2008/8/11付 世界日報3面 【社説】
情報保護にスパイ防止策を/経産省提言

 防衛や原子力など国の安全保障にかかわる情報や企業の技術情報の漏洩を防ぐために新法を制定しよう――。経済産業省の「技術情報等の適正な管理の在り方に関する研究会」が、そうした提言をまとめた。これを受けて政府内では来年の通常国会への法案提出を目指し、検討が進められている。

安全保障上の一大欠陥


 秘密情報の漏洩は国の安全保障はもとより、企業活動も脅かす。それだけに法整備は当然の措置と言ってよい。しかし、国家にとって最も危惧すべきは外国スパイによる秘密漏洩だ。スパイ活動の防止策を除外した情報保護体制などあり得ない。このことを念頭に置いて法整備に当たるべきだろう。

 提言は、現行法では防衛や原子力などの秘密の対象が限られており、漏洩に対する罰則も軽く、犯罪抑止には不十分と指摘、秘密情報の漏洩によってテロの危険性を高めかねないとして新たな法整備を促している。また、技術情報について、現行法では電子データが守れないほか、産業スパイも野放しだとして、企業の重要情報の不正入手を防ぐ法整備を求めている。

 いずれも当然だが、国の安全保障という観点に立てば物足りない。外国スパイの活動を防ぐ手立てが欠落しているからだ…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

暗号名 黒猫を追え!

  • 2008/06/23(月) 15:58:34

 先日(20日・金曜日)、恒例の世日クラブ講演会がありまして参加してきました。講師は、世界日報とも縁の深いペマギャルポ先生で、「激動の中国・チベット情勢を分析する」という演題での講話でした。
 やはり講師がペマ先生ということで関心が高かったようで、ほぼ満席状態でした。
 戦時中からチベットと日本が深い関係にあることを今回学びましたが、対中国政策という意味においても日本政府はもっとチベット問題を大きく取り上げるべきだと改めて思いました。



 それでは、本日の記事紹介です。この映画も「氷雪の門」と同じ経緯をたどってます。

2008/6/23付 世界日報1面 コラム【上昇気流】より 

 作曲家の都倉俊一氏が、映画監督の井上梅次氏について週刊新潮6月26日号のマイ・フレーズというエッセーの中で書いている。井上氏は石原裕次郎を育てた日活の名監督

一九八七年に脚本も同時に手掛けた映画に「暗号名 黒猫を追え!」がある。「拉致、亡命、盗聴など日頃実際に起こっている出来事、日本を取り巻く環境をリアルに描いて」おり、都倉氏はその音楽を担当した

俳優陣も本郷功次郎、柴俊夫、山村聰と豪華版、「話はリアルで面白く、ドラマ性も十分」だったが、結局一度も一般上映されなかった。北朝鮮による拉致問題などは全く封殺されていた時代を語るエピソードだ

 ただし、その一方で「スパイ防止法」の制定運動が全国に広がり始めたのもこのころで、「この映画製作には当時国会で議論されていた通称『スパイ防止法案』を推進していた議員団、支援団体の後押し」があったのも事実

これに脅威を感じ、「野党をはじめマスコミの猛反対に遭い、結局は廃案になってしまった」と述懐している。都倉氏は詳しく書いてないが、スパイ防止法反対に異常に熱を上げたのが朝日新聞

地方議会が次々と同案を可決していくさまを見て、全国の地方議会へアンケート調査を実施。その結果を載せ警察国家の懸念を言い募り、同法推進の支援団体をやり玉に挙げた。拉致の事実が発覚し、やっとその欺瞞が周知となった。

The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan


以下、映画のパンフ(当時のまま)より

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む