ウイグル虐殺事件の真相究明を

  • 2009/07/30(木) 11:41:45

いや〜毎日暑くなってきましたね。ようやく夏らしいといえば夏らしい日差しのおかげで、1日が過ぎると、どこかしら(特に首のうしろ)肌がヒリヒリしております。

 皆さま、くれぐれも日射病・熱中症等にはお気をつけください。


 それでは、本日の記事紹介です。中国によるメディア操作と隠蔽工作によって、今なお真実が公にされることのない虐殺事件に対する「ウイグルの母」の憤りです。

 2009/7/30 1面
 無差別発砲虐殺を非難
        /ウイグル暴動

 民族自決権求める―カーディル議長が訪日会見
  デモ参加者の多く消息不明
        ―真相究明の国際調査団派遣を

 来日中の在外ウイグル人組織「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長(62)=米国在住=は29日、都内の日本記者クラブで記者会見を開き、今月5日に中国・新疆ウイグル自治区で発生した暴動は、「治安部隊による無差別発砲虐殺」がその本質であるとして中国政府を非難した。

ウイグル暴動後に同議長が海外で会見するのは初めて。

 まず同議長は、「当局に広東省で起きたウイグル人虐殺事件の説明を求めた5日のデモは、中国の国旗である五星紅旗を掲げるなど平和的なデモだったが、警察が取り囲んで逮捕し始めたためデモ参加者の多くは避難しようとした…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

イスラムvs中国〜ウルムチ事件

  • 2009/07/15(水) 12:35:48

2009/7/15付 世界日報12面 【ビューポイント】
犠牲者数多いウルムチ事件

漢族と民族対決の様相
国家統合問題に波及の恐れ
拓殖大学名誉教授 同海外事情研究所客員教授 茅原 郁生


 新疆ウイグル自治区で発生した集団抗議事件(ウルムチ事件)は、ついにラクイラ・サミットに出席中の胡錦濤国家主席(胡主席)の帰国にまで追い込んだ。これは昨年春のチベット・ラサ市内での流血事件が欧米での北京オリンピックの聖火リレーへの反対行動に結びついたのに続く、中国の少数民族問題が国際化した事件である。

 ウルムチ事件は、既報のように今月5日夕からウルムチ市でウイグル族による漢民族の商店の襲撃などの大規模な騒擾事件であった。今次ウルムチ事件の背景は複雑であるが、直接原因は6月の広東省の玩具工場でのウイグル族青年撲殺事件への報復と見られている。この事件について中国の少数民族問題だけでなく国家体質や国際性の観点から見てみたい。

 まず一つは、ウルムチ事件で中国の民族宥和が綻び始めたことである。これまでの少数民族の騒動は官憲との対立という構図であったが、ウルムチでは7日に漢族の1万人規模の報復的な襲撃行動が起き、民族間の蔑視と憎悪の対決という事態となった。

 さらに民族宥和を困難にしているのが、中国政府の情報戦で漢族が犠牲者という図式の宣伝で、ウイグル族を追い込んでいることである。中国当局は、昨春のチベット事件の教訓から迅速なメディア広報を進め、外国メディアに対して現地の取材を許した。しかしそこには「悪いのはウイグル族」のプロパガンダ臭がつきまとう…

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

チベット弾圧50年〜拷問、強制労働、言語強制

  • 2009/03/11(水) 14:50:49

 昨日、3月10日は、わが国にとっても東京大空襲という忘れがたい日ですが、50年前に中国の侵略を受け、国体そのものを失ってしまったチベットの人々にとっては、それ以上に忘れがたい日がこの「3.10」だと思います。

 以下は、平成14年12月22日のサンデー版に掲載されました亡命尼僧ガワン・ワンドゥンさんの証言です。これを読めば、以下に中国という国家が人権のかけらもない野蛮な覇権国家かということがよくわかります。
 “平和の祭典オリンピック開催”がいかに茶番だったか、もう1度思いおこしていただければと思います。
  「宗教はアヘン」、「人間も物質扱い」〜これが共産主義の本質です。 


弾圧の実態明らかに  
 ヒマラヤ越え亡命の尼僧が証言

 チべットは、つい50年ほど前まで、2000年以上の文化と歴史を誇る独立国家だった。1913年にはモンゴルと蒙蔵条約が、14年にはイギリスとシムラ条約が締結されていることからも、チべットが完全な独立国家として認識されていたことが明らかである。

 しかし、49年から共産中国の侵略が始まった。中国の軍事的威嚇のもとで51年に「十七条協定」に調印させられ、中国人民解放軍がチべットのラサに進駐した。この協定では、中国が他の地方で行っていた共産主義による急激な改革を、チべットには強制しないとされていた。

しかし、実際には、僧院を中心としたチべット社会の伝統的仕組みは破壊され、土地は勝手に分配され、遊牧民は定住を強制された。中国は徐々にチべット領の併合を進め、65年、チべット領は完全に中国に併合された。

59年、ラサでチべット人による大規模な反乱が起こる。これを機にダライ・ラマ十四世はインドへ亡命せざるを得なくなった。続いて起こった文化大革命(67〜76年)では、共産主義イデオロギーによって、チべットの6000を超える僧院と膨大な数の芸術品が破壊された。

「文化大革命」が終息した70年代後半、中国がこれまでのチべット政策の失敗を認めて、チべット文化の見直しや宗教の復活などを認めた時期があった。しかしチべット人たちが再びチべット独立や宗教的自由を訴え始めると、中国は再び暴力で抑えにかかる。チべット人によるデモは次第に大規模になり、89年3月ラサに戒厳令が敷かれる。90年5月に解除されてはいるものの、現在に至るまで中国は強硬策を緩めていない。

 13歳で出家したガワン・ワンドゥンさんが、チべットの自由と独立のために仲間の尼僧ら5人とともにラサで独立を訴えるデモを行ったのは92年2月3日のこと。 「チべット独立!」と叫びほんの5分間だけのデモだったが、すぐ警官に取り囲まれトラックに乗せられた。そして、護送される車の中で殴るけるの暴行を受けて、グツァ刑務所に収監されたという…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

チベット動乱50年〜変わらぬ弾圧

  • 2009/03/05(木) 12:04:54

 こんなニュースがありました。
 オートバイ運転で脳の機能向上、ストレス軽減も
   ――川島教授とヤマハ発の研究(3月4日17時5分配信 ITmediaニュース)

現役ライダーは運転中、常に左半球背側前頭前野が活発化していた


 “脳トレ”で知られる東北大学の加齢医学研究所・川島隆太研究室とヤマハ発動機は3月4日、オートバイの運転が脳に与える効果を調べる共同研究の結果を発表した。日常的にオートバイに乗ると、脳の認知機能向上やストレス軽減など、脳と心の健康にポジティブな影響を与えるという。

 運転時の大脳の前頭前野(記憶や感情、行動の制御などを行う部分)の活動を、日立製作所基礎研究所が開発した携帯型光トポグラフィー機器の試作機を使って計測した。現役ライダー5人(平均年齢45.6歳)と、10年以上ブランクのある元ライダー6人(同46.2歳)に運転してもらい、比較した。

 現役ライダーは運転中、常に左半球背側前頭前野が活発化していた一方、元ライダーは発進や加速時に右半球背側前頭前野が活発化するなど、脳の使い方が異なっていた。現役ライダーの方が走行中に集中力が高まっていることも分かった。

 オートバイを運転する生活習慣が脳に与える影響も調べた。日ごろオートバイを運転していない22人をくじで2グループに分け、一方だけが通勤などでオートバイを2カ月間使う実験を実施。各グループに対し、実験の前後で認知機能を調査し、結果を比較した。メンタルヘルスに関するアンケートも行った。

 オートバイを使ったグループは実験後、使っていないグループよりも、記憶力や空間処理力などを調べる検査で得点がアップしており、オートバイを日常的に使うことで認知機能が向上していることが分かったとしている。

 メンタルヘルスのアンケートでは、オートバイを使ったグループの方が、実験後にイライラ感や身体の不調、憂うつな気分などさまざまなストレスが減っていた。川島教授も、今回の実験に合わせてオートバイの運転を再開したところ、以前より「嫌なことやストレスが減ったと感じている」という。

 川島教授は「オートバイを運転すれば、脳や認知機能を維持・向上させ、豊かな生活を送る『スマートエイジング』につながる」と話している。


 私も毎日バイクには乗ってますが、空間処理力のほうはともかく、メンタルヘルスの部分ではどうかなーという感じです。やっぱり仕事じゃあだめってことですよね…。


 それでは、本日の記事紹介です。

2009/3/5付 世界日報7面 【ワールドスコープ】より
自殺型抗議広がる懸念/チベット動乱50年

  居住区 正月の祝いなく読経専念

中国当局、暴動恐れ厳戒態勢

 3月10日、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世のインド亡命に至ったチベット動乱から50周年を迎える。14日はチベット自治区ラサで昨年発生した大規模暴動から一周年でもあり、中国公安当局はチベット族居住区に治安部隊を大幅増員して厳戒態勢を敷いている。一部で発生している自殺型抗議が広まれば、現世利益ばかり強調する力による信仰弾圧統治では防ぎようのない暴動になりかねない。                   (香港・深川耕治)

 チベット暦の正月(チベット暦2136年元旦)を迎えた2月25日、四川省や青海省のチベット族自治州では大半のチベット族が年明け恒例の漢族と共に行う祝賀行事や祭りの参加を拒否。春節(旧正月=今年は1月26日)同様、僧侶らも読経のみに専念する姿が圧倒的に増えた。中国中央テレビでは連日、チベット暦の正月に祝い事を楽しむチベット族の姿を特集して報道しているが、各地のチベット族は「昨年の弾圧で犠牲になった人々に哀悼の意を表すため、今年の正月は沈黙の抗議を行う」(香港有線テレビの現地報道)との動きが広がったからだ。

 ダライ・ラマ14世は2月24日、亡命政府のあるインド・ダラムサラの新年祝賀声明で「昨年は数百人が弾圧の犠牲になり、数千人が拘束された。(犠牲者を悼み)チベット人が新年を祝わない決意を称える」と述べ、「北京当局が最近、チベット統制を強化している。彼らの挑発に乗らず、忍耐して非暴力の原則を守ろう」と呼び掛けた。

 今年1月初め、ダラムサラに拠点を置く独立派組織「チベット青年大会」が「今年の正月は『大黒年(喪中の年)』であり、祝賀活動を放棄しよう」と呼び掛け、これに中国内のチベット族も呼応した形だ。

「正月は一家団欒の祝日だが、今年は祈祷日に変更する。中国統治下で昨年死亡したり、苦難を受けた人々を追悼するためでチベット社会全体として行うのは初めての試み」(亡命政府報道官)という…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

ウイグル弾圧の実態

  • 2008/07/28(月) 10:43:02

 本格的な夏の到来とともに、いよいよ北京五輪が近づいてきました。体調を崩す選手、逆にコンディションがベストに近づく選手などそれぞれ悲喜こもごもですが、いっそのこと全員体調不良で不参加とならないものかと思います。
原因が中国製の食品を食べたためなら皆納得すると思いますがね・・・。

 先月はペマ先生からチベット弾圧の内容をお聞きしましたが、今日はウイグル弾圧の現状です。ナチ国家中国には五輪開催の資格など全くありません。



2008/7/28付 世界日報 1面トップ

中国 五輪利用し弾圧強化

 在米ウイグル人人権活動家カーディルさん惨状訴え

 罪なき人を次々に投獄・処刑

 「ウイグルの母」と呼ばれる米国在住のウイグル人人権活動家で、ノーベル平和賞候補にもなったラビア・カーディルさん(61)はこのほど、ワシントン市内で世界日報のインタビューに応じ、中国政府から過酷な人権弾圧を受けるウイグル人の惨状について語った。この中でカーディルさんは、「中国政府は北京五輪を利用して、ウイグル人への弾圧を強化している。罪のないウイグル人が次々に投獄され、死刑になっている」と指摘し、北京五輪を目前に控えた現在のウイグル人の人権状況は、最悪の水準にあると訴えた。 【ワシントン27日 早川俊行】 

 中国は五輪に向けて国内の取り締まりを強化しているが、カーディルさんによると、今月上旬、新疆ウイグル自治区の区都ウルムチで、ウイグル人がイスラム教の礼拝をしている場に中国の警官が押し入り、五人が射殺される事件が発生。中国当局は問答無用で発砲するため、「最近はウイグル人が集まること自体、許されない状況になっている」という。

 カシュガル市では、死刑判決が出たウイグル人が、「見せしめ」の目的で裁判直後に幼児や小学生らがいる前で処刑された。蛮行を繰り返す中国当局について、カーディルさんは「まるでけだもののようだ。北京五輪を平和的に行うと主張していながら、なぜウイグル人を弾圧するのか」と批判した。

 また、カーディルさんは、中国政府が?ウイグル経済の破壊?ウイグル語の使用制限?宗教に対する厳しいコントロール?産児制限――など、「11の手段を用いてウイグル人を消そうとしている」と指摘した。

 中国政府は漢族を新疆ウイグル自治区に移住させる政策を推し進めており、この結果、多くのウイグル人が失業や貧困に追いやられ、子供を学校に通わすことができない家庭が増えているという。

 中国政府の政策に抗議すれば、反テロを名目にテロリストとして投獄されるが、カーディルさんは「テロリストは中国政府の方だ。ウイグル人に対してテロを行っているのは彼らだ」と批判した。

 カーディルさんは新疆ウイグル自治区で実業家として成功し、「中国十大富豪」に数えられたが、ウイグル人の独立活動家に関する地元紙記事を米国にいる夫に送ったことを理由に、2000年に8年の懲役刑を科せられた。05年3月に釈放され、米国に亡命。昨年6月、プラハでブッシュ米大統領と面会している。

The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む