東京弁護士会が露骨な「警告書」

  • 2009/04/14(火) 14:21:15

 在日特権を許さない市民の会のこの主張は正論だと思いますがいかがでしょうか?

 賛否両論があることは承知しておりますが、何より外国人犯罪によって多くの日本国民が傷つき時には命を失い、しかも警察庁の白書で「不法残留者が凶悪犯罪を起こす率が年々増加している」と指摘されている中で、なぜ法を犯した外国人を国民の生命と財産を危険にさらしてまで日本が受け入れなければならないのか? と私たちは問題提起します。

この件で何人かの左翼が桜井(在特会代表)に連絡をしてきたので、次のように問いかけましたが彼らは何らとしてまともに答えることはできませんでした。

「フィリピン政府が自国民であるカルデロン一家を受け入れると言っているのに、どうしてあなたたちは家族3人が仲良くフィリピンで生活できるようにサポートしようとしないのか? 」

「結果的にこの親子を引き裂いたのは支援を謳っているあなたたち左翼ではないのか? 」

「主権国家たるフィリピンに子供を返すのは人道に反するという主張は、結局フィリピンを差別していることに他ならないのではないか? 」


 左翼関係者のやることは、弱者救済の美名の下、彼らを利用して自らの政治主張を押し通すことです。大本の思想であるマルクス・レーニン主義が間違っているわけですから、結局そこから導き出される行動は間違ったものにならざるをえないわけであります。
 
 以下の記事内容もそんな流れの中にあるものです。


 2009/4/14付 世界日報1面 【特報】
東京弁護士会が露骨な「警告書」
    七生養護学校の行き過ぎた性教育


 都教委と3都議を批判 「からだうた」など擁護
 「これこそ不当な支配」と都議/3月半ばの東京地裁判決と酷似


 都立七生養護学校(東京・日野市)の性教育をめぐる訴訟の判決が、3月半ば、東京地裁で下されたが、その約4年前、東京弁護士会(岩井重一会長=当時)は、同校の性教育についてまとめた「警告書」を発行した。その中で、都教委と三都議を非難するとともに、同校の性教育を徹底的に擁護するなど、両者の内容は酷似。このため被告の1人、古賀俊昭都議は「論立てがそっくり」と語るなど、疑問の声が出ている。   (山本 彰)

 この「警告書」は、東京弁護士会が2004年1月、山田洋次氏(映画監督)、小山内美江子(脚本家)らによる人権救済の申し立てを受け、取り掛かったもの。

 七生養護学校での出来事を調査し、その結果、都教委に重大な人権侵害行為があったとし、05年1月、都教委の横山洋吉教育長(当時)あてに文書で通告した。警告書は申立人の数を、8,125人と記述し、「ジェンダーフリー」の論客、上野千鶴子東大教授の名前も入っている。

 申立人が都教委の人権侵害の事実調査を依頼していたため、「警告書」は、行政側が随時出してきた「性教育についての考え方、進め方」(文科省)や「性教育の手引き」(都教委)の内容を整理し、その内容と同校が使っていた教材とを比較検討。

 その結果、七生養護学校の性教育は、こうした方針に添ったものと弁護し、「学習指導要領から逸脱している」(都教委)との批判に対しても、学習指導要領は大綱を示しているにすぎない上、知的障害児の教育を行う七生養護学校の教育は、そうした障害のある子供でも理解可能な具体的教材が求められていた、としている…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

どこがいいのか同性愛??

  • 2008/10/28(火) 09:32:22

 昨日の雷雨は唐突でしたね。集金に出ようと思った矢先のことで危うく濡れ鼠は避けられました。よくわからない天候が続きます。
今日は、本紙記事を2本掲載します。こんな記事を読めば、人間様のほうがもっと分からないといえるかもしれませんね。



2008/10/28 世界日報5面 国際面から 
賛否両派が空前の資金投入
 米カリフォルニア州
 同性婚禁止の州民提案に
 【ロサンゼルス25日宮城武文】
 カリフォルニア州最高裁が去る6月に同性愛者による「結婚」を合法とする裁定を下したことで、反対派は同性婚を禁止する州民提案8号を11月4日の大統領選に付しているが、賛否両派は6,000万?という空前の費用を投じて選挙活動を行っている。
 マサチューセッツ州など同性愛者による結婚を合法とする州は幾つかあるが、いずれも同州の居住者かその近隣州の居住者に限られている。

 カリフォルニア州最高裁の裁定は、州以外の居住者にも同性婚を認めたことで、州外からも同性愛カップルが「結婚証明書」の取得を求めてカリフォルニア州に殺到。今回の提案8号をめぐっては州外からも大量の寄付金が賛否両派の組織に送られ、激しいテレビ宣伝合戦や組織動員活動が行われている。

 同性婚禁止を求める州民提案に関しては、2004年から06年にかけて22もの提案が出されており、その活動費用を総計すると3,140万?に上るという超党派組織のデータが発表されている。今回の提案8号に投じられた3,000万?という費用は、全米で最も高額な選挙キャンペーンとなっている。

 24日までの集計によると、提案賛成派は2,750万?の寄付金を集め、そのうち19%は州外からのもの。反対派は3,120万?を集め、そのうち34%が州外からの寄付金となっている。

 賛成派の主要組織としてはモルモン教会が活発に草の根活動を展開し、全体の資金の40%を集めている。反対派は、米市民自由連合(ACLU)、教師組合などを含む公共労組、同性愛団体などが中心となっている。

 カリフォルニア州の34万人の公立学校教師を擁する教師組合は130万?を寄付しており、反対派の中で最大の寄付者。クラスの中でも同性婚を容認するような授業を行っていることで、親からの苦情も増えている。

The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan

1面 【特報】 
堺市図書館に大量の同性愛小説

5500冊、過激なイラストも
図書館「市民の要望に応えた」
市議「ポルノと同類、処分を」


 「BL(ボーイズラブ)本」というものをご存じだろうか。高校生風の若者が表紙を飾るが、コミックではない。男性同性愛を扱った少女向け小説だ。この夏、堺市の市民が、性描写があり過激なイラストもある「BL本」を公立図書館が大量に購入して、開架するのは青少年育成からも不適切と抗議、改善と実態の公表を迫った。図書館側は5,499冊を所蔵、購入額は366万8,883円と回答した。BL本大量購入の背景を取材した。(編集委員・鴨野 守)

 堺市中央図書館の担当者によれば、現在、中央図書館に約2,000冊、北・南・西・中図書館にそれぞれ400冊から800冊程度ある。…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

弱まる世論あふれる性情報

  • 2008/10/11(土) 20:59:54

 史上最大の13ゲーム差をひっくり返して巨人軍がリーグ優勝しました。別にファンでもない私にとってはどうでもいいことなのですが、ジンクスとして巨人が優勝した年は景気が良くなるというのがあります。こういう時だからこそこのジンクスがいきてほしいなと思いますが、果たして…


 
それでは、本日の記事紹介です。



2008/10/11付 世界日報13面 【持論時論】
ボーダーレスに浸透する性情報
現代教育文化研究所代表 小川信夫氏に聞く
純粋な「子供の社会」守れ
 世俗の悪影響を放置/教育より金もうけ優先

 大人は少女を性の対象として見、子供もお金欲しさに平気で性を売るという、これまでにない異常事態がわが国で進行している。教育が混乱し、社会の分別が無くなりつつある原因は何か、子供社会を再生させるモデルは果たしてあるのか――。現代教育文化研究所の小川信夫代表に聞いた。 (聞き手・山本 彰)

 ――体の仕組みや避妊の仕方を教える最近の性教育をどう考えるか。

 わが国では、戦後しばらくは、性に関する情報は、子供にみだりに触れさせるものではないという考え方があった。1980年代半ばくらいから何でも包み隠さず情報をオープンに伝えるのがよいという風潮が生まれ、性教育もそうなってきた。

 性に関する話題もテレビや週刊誌などに頻繁に出てきて、性情報が日常目に触れるものに満ちあふれている。一言で言えば、性情報のボーダーレス化である。今や、普通の良家の子女、普通の主婦が性を売り物にしているという状態だ。

 性情報で金もうけしようという運動が、日本で一般的に広がってしまっている。つい最近、DVD付き個室店が放火され犠牲者まで出てしまったが、そこでは際どいDVDが見られるようになっているわけだ。今や、こうした店は全国どこにでもある。大人向けとはいえ、ああいうものを大人に見放題にしている風潮が、子供への教育に悪い影響を及ぼしている。

 海外から日本に、各教育委員会の英語教師として欧米人が来ている。川崎の総合教育センターにも10数人来ているが、この人たちが「日本の性の開放度はすごい」と皆びっくりしている。こういう状況を直視し、社会全体が性というものはどうあるべきかを、もう一度、きちんと向き合っていく必要がある…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

おバカ人権市長のゲイ集会

  • 2008/09/15(月) 14:05:54

 13,14日と地元長崎神社の例大祭がありました。今年は本祭りという事で、子供神輿も2日間でました。今回、裏方でお手伝いをさせていただきましたが、多くの人の手があって神輿が運行されているんだなと改めて実感しました。



 それでは、本日の記事紹介です。こんな祭りは止めてもらいたいです。

2008/9/15付 世界日報3面 【国内総合面】より 
札幌市長 
同性愛者集会に毎年参加

 市民から疑問の声上がる
 会場の大通公園 アダルトグッズ販売される

 性の低年齢化や価値観多様化が進む今日、性に絡む社会問題が連日のように紙面を賑わしている。こうした中で、上田文雄札幌市長が同性愛者の集会に毎年出席し、参加者を激励し続けていることに市民から疑問の声が上がっている。 (札幌支局)

 札幌市大通公園で14日に行われた「レインボーマーチ札幌」。奇抜なヘアにパンツ一枚の男がくねくねと踊りだすかと思えば、異様なコスチュームで大きな声で笑い声を上げる少女たち。市内をパレードする参加者は「ゲイになって良かった」「ゲイタウン=札幌」などと書かれたプラカードを誇らしげに掲げている。

 年に一度札幌市で開かれるこの集会に、全国から1,000人近い同性愛者やその賛同者が集まる。現役の市長が来賓として出席し同性愛者を激励するため、同性愛者の権利獲得の拠点として位置付けられているためだ。

 あいさつに立った上田市長は「これからも君たちが活動しやすい街となるよう、最大限協力していきたい」と、市を挙げて同性愛者を支援する立場を改めて表明し、会場から大きな拍手と喝采を受けていた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

社会揺るがす間違った性教育

  • 2008/05/24(土) 17:34:00

 本日、小学校で自転車の安全教室がありPTAとして参加してきました。
お巡りさんの指導のもと、照りつける日差しの中、皆真剣に正しい自転車の乗り方を学んでいました。最近は、思いやりを感じないマナーの悪い運転が目立ちますので、子供たちには運転技術と共にそういう心の安全運転も学んでもらいたいなと思いました。
  



それでは、本日の記事紹介です。
2008/05/24 世界日報13面 【持論時論】 
性道徳に古いも新しいも無い


気ままなセックス助長/家庭崩れ幼児虐待招く

                 医学博士 林 愼吾氏に聞く

 後を絶たない幼児虐待や少年の性犯罪のニュース。少子化も進む一方である。社会を揺さぶるこうした問題を引き起こす共通の原因として小・中学校で行われている性教育が挙げられるとし、『これでいいのか! 性教育』を著した医学博士、林愼吾氏(林クリニック院長)に問題点を聞いた。 (聞き手・山本 彰)

 ――『これでいいのか! 性教育』を書かれた動機は何ですか。

 二十年近く前に、小学校の四年の保健教科書を見て、性器の構造や体つきの変化などが詳しく書いてあることに驚き、また、中学で性教育を担当するある女性教師に聞いたところ、「子供たちはそうした変化をあっけらかんと話していますよ」などと説明するのを聞いて、性の問題を人前でしゃべらせるような教育をしていては大変なことになると危機感を抱きました。また、これを契機に、性に関し著名な思想家の文献を、ずっと調べて来ました。

 それから、この教科書を見て以来、少年犯罪が起きると、性の観点から見るようにしてきたので、自然とこの本の論旨がまとまりました。今も舞鶴市で、女子高校生が殺された事件がマスコミで取り上げられていますが、これも、間違った性教育と関係があると思われます。

 文献を読んでみると、ウィルヘルム・ライヒのようにセクシュアル・レボリューション(性革命)を提唱するような人物もいましたが、最終的には、性交渉を自由にすると、性的な神経症患者はいなくなるけれど、従来の社会構造が根本から大混乱に陥るので、それを目指すことはできないとしています。

 古い道徳観と言われるかもしれませんが、性には古いも新しいも無いのです。人間はいわゆる有性生殖をする生き物です。これは、昔も今も全然変わっていません。その性の考え方が古めかしいというのは間違いです。生き物である限り、子孫を残して死ぬということは非常に大事なことなのに、それをしっかり考えさせないで、(性の快楽を教えるような)性教育をするのは大変な間違いです。

 その上、エイズが人命をも奪う病気だから、それを防止するためのコンドーム教育だということになりました。しかし、そんなバカな教育はないだろうと思います。エイズを予防するには軽々しく誰とでもセックスをしなければよいわけです。

      ----------------------(略)----------------------
 
   全文をお読みになりたい方はこちらからどうぞ>>>世界日報試読受付センター

 はやし・しんご 医学博士。林クリニック院長。昭和18(1943)年生まれ。同43年、東京医科大学卒業。東京医大病院内科に勤務した後、同54年、林クリニック開院。平成元年より数年間、渋谷区立山谷小学校校医。同10年より数年間、渋谷区医師会理事を務める。

The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る